ディープフェイクアダルト。 芸能人ディープフェイク動画サイトまとめ【DEEPFAKE】

石原さとみのフェイクポルノVRが登場【FAKEY】

ディープフェイクアダルト

右が露・プーチン大統領のディープフェイク動画(AFP=時事) 1990年代に流行したアイドルコラージュ、いわゆる「アイコラ」は、2000年代になりネットの世界にも広がった。 その多くは、芸能人(アイドル)の顔写真と別人のセクシーな写真を組み合わせるなど、様々な権利を侵害し、使用された被写体を深く傷つけるものだった。 そしていま、AIの一種である「ディープラーニング(深層学習)」と「フェイク(偽物)」が合わさった「ディープフェイク」技術によって制作された動画によって、新たな被害が生まれつつある実態を、ライターの森鷹久氏がレポートする。 個人や一部のメディアが特定層に利益を誘導させ、相手を貶めるために嘘を流布させる「フェイクニュース」といえば、前回のアメリカ大統領選ごろから話題になったことも記憶に新しい。 悪い意味での影響が大きすぎると、大手メディアが「フェイクニュース」を見分ける専門部隊を創設させるなど、情報戦争の様相を呈しているが、次は「ディープフェイク」を使った「動画」だというわけだ。 6月8日にインスタグラムへアップされた「フェイスブックの真実を明かす」という説明がついた15秒の動画は、その内容と、語っているかのように見える人物が人物だっただけに、世界に衝撃を与えた。 もっとも、しばらく聞いていると声が違う(実際には俳優が声をあてているのだという)ので、最終的には本物ではないと分かる。 結局、この映像はアート作品のひとつだったため制作者から「ディープフェイク」動画であると公表されてネット世界のざわつきはおさまった。 だが、似たような技術を駆使した動画を見たとき、文章の冒頭だけを読んで全体を判断してしまうような人や、タイトルだけを見てすべてを早とちりするような人だったら、本物だと信じてしまいそうだ。 SNSユーザーらの手によってあっという間に「フェイクニュース」が拡散されてしまうのと同様か、動画という信ぴょう性もあいまって、それ以上の影響が出るおそれもある。 そしてこれは、IT大国アメリカで起きている対岸の火事ではない。 都内の芸能事務所担当者が打ち明ける。 「おたくの女優のアダルト映像が流出している、と連絡があったのは昨年末ごろ。 映像を見ると、確かに弊社に所属している女優・Xが男性と関係を持っている映像でした。 しかしよく見てみると髪型がおかしく、映像も不鮮明。 たまに顔が別人と入れ替わる。 なんなんだと思いました」•

次の

石原さとみのフェイクポルノVRが登場【FAKEY】

ディープフェイクアダルト

人気の女優やアイドルが一糸纏わぬ裸にされてしまう最新技術を駆使した動画「 ディープフェイク」が巷で流行しているようです。 これまで確認されただけでも、• 広瀬すず• 新垣結衣• 橋本環奈• 石原さとみ• 吉岡里帆• 齋藤飛鳥• 山本彩• 白石麻衣• 上戸彩 らの精密かつ 本物かと思うレベルの「ディープフェイク」動画が作成されており、2019年8月7日に「デイリー新潮」(週刊新潮電子版)によってその存在が報じられました。 そこで、 この記事では2018年から2019年にかけて一気に技術力が加速し、ブームとなっている広瀬すずや新垣結衣、橋本環奈、石原さとみ、齋藤飛鳥、白石麻衣といった人気女優・芸能人を裸にする実際の「ディープフェイク」動画を大手サイトと共に紹介します。 橋本環奈もとんでもない姿に!? さて、 デイリー新潮がいよいよ日本のタブーを報じてしまいました。 一瞬目を疑ってしまう動画が最近、世間に拡がりつつあるという。 「 ディープフェイクという手法を使った偽ポルノ動画です。 人工知能を駆使してポルノ動画の顔と声だけを有名女優などにすり替える悪ふざけのような動画で、アメリカやロシアを中心に一昨年くらいに流行したもの。 驚くのは、ロボットのような不自然な動きをすることはまったくなく、実に自然に表情まで変化するのだ。 「顔認識に加え、目・鼻・口の動きを理解する表情認識が可能な人工知能にポルノ動画を勉強させている、高度な技術です」 とは、ITジャーナリストの三上洋氏。 「そのうえで、はめ込みたい顔を正面や横から細かくデータを取って、元の動画に合わせるんです。 このディープフェイクが話題になったのは、オバマ前大統領がトランプ大統領を罵倒する偽動画が制作されてから。 アメリカでは州によってはディープフェイクによるリベンジポルノを法規制する動きもあります」 デイリー新潮より一部抜粋 これは人類の歴史において、• 農耕技術の開発• 産業革命 に匹敵する革命です。 倫理に反する行為であるとはいえ、かつては画像版でもこの手のメソッドが取り入れられていました。 その精度はホンモノと変わらないレベルと話題 流行りの 著名芸能人らのディープフェイク動画を作成・掲載している業界大手の「DIFIDOL」というサイトは、かつて無料で誰でも見られたのですが、 現在は有料化しており、有料会員に登録しなければ見られないようです。 では、毎日毎日汗を流して働き、どんなに頑張っても広瀬すずや新垣結衣、石原さとみらとは付き合うことができない我々一般人は、ホンモノと全く変わらないクオリティーであるディープフェイク動画を見ることができないと言うのか、、 いや、ちがう!! 無料で広瀬すずや新垣結衣、上戸彩らの高精細かつ精密な無料のディープフェイク動画を視聴できるサイトを見つけました!!! 【無料動画】有料会員じゃなくても視聴できるディープフェイク動画があった! 石原さとみまでもが… このサイトに 実際のディープフェイク動画を貼り付けて掲載するのはかなりデンジャラスな行為になってしまうので、 その ディープフェイク動画が無料で掲載されているページのURLを貼ることにします。 フルの動画ではなく、ディープフェイクの動画がどのようなもので、どれほどのクオリティーかを知るためのものですが、 このレベルがとんでもないんです。 実際に私も視聴しましたが、 広瀬すずも新垣結衣も石原さとみもどれも本人が行為をしているようにしか見えませんし、作り物だとは到底思えないレベル…。 ちなみに、私が視聴した 無料のディープフェイク動画で使用されていた広瀬すず、新垣結衣、橋本環奈の巧みに加工された本人顔画像がこちらです。 アダルト大量ならU-NEXT!!! 【画像】ディープフェイクに映る広瀬すず そして、 実際のディープフェイク無料動画は以下です。 実際のディープフェイク動画 まず、GoogleもしくはYahoo!で、 「 erohika. com」のURLをコピペして検索します。 上記のページ内で「 2019年7月5日」の投稿をクリックすると、• 広瀬すず• 新垣結衣• 上戸彩• 石原さとみ といった著名人が裸になった ディープフェイク動画の無料動画が視聴できます。 「 erohika. com」トップページに飛べば、すぐに「2019年7月6日」の投稿は見つかります。 また、視聴する上ではいくつかの絶対確認しておくべき注意点もあります。

次の

ディープフェイクとは?注意点や問題点は?閲覧可能なサイトも紹介!

ディープフェイクアダルト

「親愛なるアメリカ国民の皆さまへ。 真剣に考えた結果、大統領を辞任することに決めた。 申し訳ありません。 こんなに大変だとは思わなかった」と衝撃発言をするトランプ大統領の映像。 しかし、これはディープラーニング(深層学習)によって表情のパターンを学習させたAIが合成した「ディープフェイク」だ。 オランダのセキュリティ会社の調査によれば、昨年9月時点でネット上にアップされたディープフェイク動画は1万4678件と、一昨年から倍増。 この技術を用いたトラブルは後を絶たない。 カナダ在住で社会風刺的なディープフェイク動画を制作するポール・シェイルズ氏は「ディープフェイクは色々なものに使えるし、エンターテインメントになるだろう。 かつては莫大なお金が必要だったが、とても少ない予算で速く作れる」と話す。 桜美林大学の平和博教授は「やはりAIと、PCの画像処理能力が飛躍的に進化していることが非常に大きいと思う。 昔はハリウッドの専門家が非常に高価な機材を使ってやっていたようなことが、今は一定の知識さえあれば普通に出回っているような機材で作れてしまう状況になってきていると思う」と話す。 特に被害が多いとされるのがアダルト動画への転用で、あるサイトではハリウッド女優や日本の芸能人の顔を使ったアダルト動画が売買されている。 インドでは政権に批判的な女性ジャーナリストのアダルト的な内容のディープフェイクが拡散された。 当初はスカーレット・ヨハンソンさんやエマ・ワトソンさんといったハリウッド女優が標的になっていたが、皆さんがSNSにアップしているような写真や動画を素材として作ってしまうことも可能になっている。 そこからリベンジポルノの用途で作られるケースもあり、海外では非常に深刻な人権侵害の問題を生み出している」(平教授)。 また、選挙や政治の領域での悪用も深刻だ。 2018年にはガボン共和国で数カ月姿を見せなかった大統領が新年の挨拶動画を公開したところ、ディープフェイクだと疑われクーデター未遂が発生。 昨年にはマレーシアで首相側近の経済大臣が登場するディープフェイクの可能性がある動画が流出し、物議を醸す事態になった。 また、イギリスのシンクタンクが「民主主義を脅かすディープフェイクの影響力を知ってもらうため」として、総選挙の期間中にボリス・ジョンソン首相が「私は現在の分断を克服し、私のよきライバルであるコービン党首をイギリスの首相に支持したい」とライバルの野党党首・労働党のジェレミー・コービン党首を褒めちぎるディープフェイクがアップ。 「本当に発言しているように見える」として20万回以上も再生された。

次の