ラブリー トゥ イム。 ハカス(4)トゥイムとベリョ湖

【ディバイン整形外科】ラブリートゥイム(目尻・タレ目)手術レポート【韓国】

ラブリー トゥ イム

キャラクター [ ] トゥトゥトゥリー 声: 音楽の森にあるリコーダーの神様の木。 リコーダーを模した形の幹をしており、リコーダーのトーンホールと同じ位置に「うろ」がある。 97年度はリコーダーの苦手なケンを音楽の森に招き入れた。 リコーダーと同じく3つに折れて倒れていたが、ケンとララに組み立てられて復活する。 97年度の段階では話すことはできず、うなり声を発し、ララやピピが翻訳する。 中にあるキーボーズスタジオにケンが入るために毎回課題を出し、必要な運指を示すために、うろを光らせてトーンホールの位置を示す。 98年度には流暢に人の言葉を話し、コースケと直接コミュニケーションを取るようになる。 99年度は一転して単なる背景となってセットに立つだけになる。 ピピ 声: トゥトゥリーのお使いを務めるCGキャラクター。 卵形の全身から短い手足が生え、耳の位置に三十二分音符を模した角または翼を持ち、空中に浮いている。 97年度はキーボーズスタジオへケンを招くための採点者の役を担い、アドバイスを送る。 合格したら「タカタカティキティキティキトゥトゥトゥリー」の呪文を伝える。 99年度はオープニングアニメーションとサブタイトルの読み上げだけに出番が減少。 出演者 [ ] 1997年度 [ ] 舞台はトゥトゥトゥリーの中にある「キーボーズスタジオ」。 リコーダーが苦手なケンはトゥトゥトゥリーの魔力で音楽の森に招き入れられた。 妖精ララの案内でトゥトゥトゥリーに引き合わされたケンは、毎回出される課題をクリアしながらリコーダーの技量を上げていく。 クリアできたら、キーボーズスタジオに招かれ、キーボーズのレクチャーとゲストを招いての「ショータイム」に参加できるのだった。 このような流れから、前半はリコーダーのレクチャー、後半はゲストとキーボーズの演奏鑑賞という構成になっている。 キーボーズ 演: トゥトゥトゥリーの中に住んでいる音楽の森の管理人。 紫の作務衣に鍵盤の襷、音符の帯をまとい、黄色ふちのメガネにメッシュのヘアスタイルという派手な姿のハイテンションなピアニストで、演奏の合間に「いぇい! 」と叫んではVサインを示す。 毎回ゲストを呼んでは「ショータイム」を展開する。 ショータイムに入ると一転して正装となり、演奏に没頭する。 妖精ララ 演: 音楽の妖精で、通常演奏に用いるを常に携帯しているほか、帯には多種多様な笛を備えている、序盤で歌ったり演奏したりしてケンを誘い、ピピと一緒にリコーダーを上手に吹くコツをケンに教える。 少年ケン 演: キーボーズスタジオで苦手なリコーダーを教わる。 NHK提供「NHKクロニクル」にて放送日程が明示してある当番組の放送日程を示す。 日程 タイトル ケンの課題 「ショータイム」楽器 「ショータイム」ゲスト 4月7日 音楽の森への旅 4月21日 ピアノはおどる 「シ」の音 連弾 5月12日 リズムはまかせて 姿勢 ラテン マーク・ディローズ 5月26日 木琴のなかまたち ・など マリンバ・アンサンブル 6月9日 フルートのきらめき 中川昌三 6月23日 声はすてきな楽器 ()・池田直樹() 7月7日 あたたかいひびき ・()・()・() 8月25日 ふえはうたう (リコーダー)・()・() 9月17日 日本のリズム 等 ・望月太八次郎 9月29日 はなやかな勇者 高橋敦・杉本正毅・三沢慶 10月13日 力強いひびき アンサンブル 松崎裕 ザ・ブラス 10月27日 バイオリンのしらべ 11月10日 やわらかなひびき () 11月26日 歌声を重ねて 重唱 (男声クインテット) 12月8日 ひざの上のオーケストラ ・ (ギター) 1月5日 風の音色 等 パトリック・ヌジェ (ともにアコーディオン) 1月19日 新しい音の世界 電子楽器 () 2月2日 みんなで歌おう 合唱 黒田晋也() 2月16日 ひびけリコーダー リコーダーアンサンブル 東京リコーダー・オーケストラ(99年度に出演する金子健治が所属) 3月2日 音楽の森の指揮者 オーケストラ () 慶応大学ワグネルソサエティ・オーケストラ 1998年度 [ ] 98年度は97年度のコンセプトを生かしながら設定を大幅に変え、舞台は音楽の森の中央にある「音楽の広場」に移した。 出演者は子役を交代し、斎藤と本谷は前年度から同キャラクターで引き続き出演。 自宅の裏山に不思議な木を見つけたサッカー少年コースケは、妖精ララに出会い、トゥトゥトゥリーを紹介される。 ララと手をつないで回ると、音楽の森の宣伝マンと自称するキーボーズを招き、ショータイムに誘われるのだった。 ショータイムではその回のゲストが、本番組の課題曲である『』を演奏・歌唱する。 今年度は「がんばリコーダー」というミニコーナーを設定し、前番組「」で指導した監修の下、奏者としても名高い俳優を先生役とし、生徒のを指導する形で奏法を学習する。 キーボーズ 演:斎藤雅広 音楽の森の宣伝マン。 衣装は前年度と同じ。 妖精ララ 演:本谷美加子 音楽の森の道案内役。 衣装は前年度と同じ。 少年コースケ 演:佐藤光将 音楽の広場でキーボーズの仕事の手伝いをする少年。 先生 演: 「がんばリコーダー」のコーナーに出演。 生徒 演: 「がんばリコーダー」のコーナーに出演。 日程 タイトル がんばリコーダー課題 テーマ ゲスト 4月6日 音楽の森へ 4月20日 リズムで楽しく 打楽器 ・ 5月11日 ピアノは魔法の箱? 出演者が総入れ替えされ、97・98年度に比べてストーリー性は薄くなり、オーソドックスな鑑賞・指導の形態となった。 音楽の森を訪ねたユキ(赤松由貴)とショウタ(内田叡良)はジュン(神矢ゆき)と出会い、音楽の森を紹介される。 2人はジュンの案内で演奏したり、ネコさん(金子健治)にリコーダー奏法を習ったり、森の住人であるゲスト音楽家たちの演奏を鑑賞し、演奏に加わる。 リコーダー指導の時間は前半に取られ、課題曲を通して奏法を身につけていくようになる。 指使いは、指ごとに色をつけた白手袋「左手くん」「右手ちゃん」が、リコーダーに見立てた透明管を持って演奏する様子を捉えた映像で示す。 2000年3月6日に最終回が放送され、翌週3月13日の最終回再放送分をもって番組は終了した。 日程 タイトル 課題 テーマ ゲスト 4月5日 耳をすまして1 4月19日 からだは楽器 5月10日 たたけばリズム 5月24日 はずんでドレミ 塩浜玲子(マリンバ) 6月7日 息をあつめて リコーダー 6月21日 指ではじけば 弦楽器 柴田杏里(ギター) 木村茉莉() 7月5日 音楽はともだち1 1学期の復習 8月23日 耳をすまして2 9月13日 ピアノは魔法の箱 ピアノ 関孝弘 9月27日 日本のリズム 和楽器 日本音楽集団 北島直樹(ピアノ) 10月15日 ふえのなかま 萩原貴子(フルート) 西脇千花(ピアノ) 東京放送児童合唱団 10月25日 声をかさねて 重唱 西脇千花 11月8日 バイオリンのしらべ ヴァイオリン 水野佐知香 11月22日 やっぱりラッパ 坂井俊博(トランペット) 12月6日 音楽はともだち2 2学期の復習 1月14日 耳をすまして3 1月24日 日本の音 和楽器 (尺八) 福永千恵子(筝) 2月7日 ひびけ歌声 合唱 東京放送児童合唱団 2月21日 楽しいアンサンブル 3月6日 音楽はともだち3 最終回、1年間の振り返り ネコさん 演:金子健治 ジュン 演: ユキ 演:赤松由貴 ショウタ 演:内田叡良 スタッフ [ ]• リコーダー指導:、篠原理華• プロデューサー: 脚注 [ ].

次の

確実に愛らしい目元に♡ラブリートゥイム

ラブリー トゥ イム

あらすじ 質屋の雇われ店主、テサンのもとに、かつての恋人だったイネが訪ねてくる。 8年前、テサンとの間に生まれた娘が白血病を患っている為、ドナー検査をしてほしいと言われ、初めて自分に子どもがいることを知るテサン。 血液検査の帰りに娘スジンと出会い、戸惑いながらも愛おしいと感じる。 検査の結果、幸いにも骨髄が一致し、2週間後の手術が決まる。 一方、悪徳事業家のイルソクは愛人のミスクを殺害。 その濡れ衣をかつての手下テサンに着せる。 警察に逮捕されたテサンは交通事故に乗じて脱走。 それを追うのは刑事のスンウ、検事のジェギョン、謎の殺し屋。 娘の命を救うため、テサンの必死の逃亡が始まる。 初の父親役、圧巻のアクション、そしてヒゲ姿の変装… 新たなる役者、イ・ジュンギの誕生! みどころ 「アラン使道伝」「一枝梅(イルジメ)」と進化してきた役者イ・ジュンギ。 本作では娘への限りない父性愛に満ちあふれた初の父親役への挑戦と無実の罪で追われる一人の男としての葛藤を見事に表現。 そして、逃走劇には必須の変装姿も大きな見どころだ。 イ・ジュンギ演じるテサンの元恋人でシングルマザーであるイネに「花を咲かせろ!イ・テベク」のパク・ハソン。 そのイネを巡って恋のライバル関係ともなる、テサンを追う熱血刑事スンウに「マイ・ラブリー・ブラザーズ」のリュ・スヨン。 事件解決のために女性であることを捨てた検事ジェギョンに「検事プリンセス」のキム・ソヨン。 感情を全く出さないゆえに恐ろしさが湧き上がってくる殺し屋を「太陽を抱く月」で大きな注目を浴びたソン・ジェリム。 そして愛らしさでいっぱいの娘スジンをイ・チェミが見事に演じる。 また、人気アイドルグループTEENTOPのニエルがわずかなシーンながらも鮮烈な印象で出演しているのも注目だ!俳優たちの緊迫感のある演技がさらにドラマを盛り上げていく! 「いとしのソヨン」「私の期限は49日」「検事プリンセス」「華麗なる遺産」・・・、立て続けにヒット作を生み出している作家ソ・ヒョンギョンが入念に準備してきた待望の注目の最新作。 これまでの作風とは違いタイムリミット・サスペンスというジャンルに取り組みながらも、家族愛など作家の本来の魅力を随所に盛り込んでいる。

次の

目尻切開,タレ目形成

ラブリー トゥ イム

キャラクター [ ] トゥトゥトゥリー 声: 音楽の森にあるリコーダーの神様の木。 リコーダーを模した形の幹をしており、リコーダーのトーンホールと同じ位置に「うろ」がある。 97年度はリコーダーの苦手なケンを音楽の森に招き入れた。 リコーダーと同じく3つに折れて倒れていたが、ケンとララに組み立てられて復活する。 97年度の段階では話すことはできず、うなり声を発し、ララやピピが翻訳する。 中にあるキーボーズスタジオにケンが入るために毎回課題を出し、必要な運指を示すために、うろを光らせてトーンホールの位置を示す。 98年度には流暢に人の言葉を話し、コースケと直接コミュニケーションを取るようになる。 99年度は一転して単なる背景となってセットに立つだけになる。 ピピ 声: トゥトゥリーのお使いを務めるCGキャラクター。 卵形の全身から短い手足が生え、耳の位置に三十二分音符を模した角または翼を持ち、空中に浮いている。 97年度はキーボーズスタジオへケンを招くための採点者の役を担い、アドバイスを送る。 合格したら「タカタカティキティキティキトゥトゥトゥリー」の呪文を伝える。 99年度はオープニングアニメーションとサブタイトルの読み上げだけに出番が減少。 出演者 [ ] 1997年度 [ ] 舞台はトゥトゥトゥリーの中にある「キーボーズスタジオ」。 リコーダーが苦手なケンはトゥトゥトゥリーの魔力で音楽の森に招き入れられた。 妖精ララの案内でトゥトゥトゥリーに引き合わされたケンは、毎回出される課題をクリアしながらリコーダーの技量を上げていく。 クリアできたら、キーボーズスタジオに招かれ、キーボーズのレクチャーとゲストを招いての「ショータイム」に参加できるのだった。 このような流れから、前半はリコーダーのレクチャー、後半はゲストとキーボーズの演奏鑑賞という構成になっている。 キーボーズ 演: トゥトゥトゥリーの中に住んでいる音楽の森の管理人。 紫の作務衣に鍵盤の襷、音符の帯をまとい、黄色ふちのメガネにメッシュのヘアスタイルという派手な姿のハイテンションなピアニストで、演奏の合間に「いぇい! 」と叫んではVサインを示す。 毎回ゲストを呼んでは「ショータイム」を展開する。 ショータイムに入ると一転して正装となり、演奏に没頭する。 妖精ララ 演: 音楽の妖精で、通常演奏に用いるを常に携帯しているほか、帯には多種多様な笛を備えている、序盤で歌ったり演奏したりしてケンを誘い、ピピと一緒にリコーダーを上手に吹くコツをケンに教える。 少年ケン 演: キーボーズスタジオで苦手なリコーダーを教わる。 NHK提供「NHKクロニクル」にて放送日程が明示してある当番組の放送日程を示す。 日程 タイトル ケンの課題 「ショータイム」楽器 「ショータイム」ゲスト 4月7日 音楽の森への旅 4月21日 ピアノはおどる 「シ」の音 連弾 5月12日 リズムはまかせて 姿勢 ラテン マーク・ディローズ 5月26日 木琴のなかまたち ・など マリンバ・アンサンブル 6月9日 フルートのきらめき 中川昌三 6月23日 声はすてきな楽器 ()・池田直樹() 7月7日 あたたかいひびき ・()・()・() 8月25日 ふえはうたう (リコーダー)・()・() 9月17日 日本のリズム 等 ・望月太八次郎 9月29日 はなやかな勇者 高橋敦・杉本正毅・三沢慶 10月13日 力強いひびき アンサンブル 松崎裕 ザ・ブラス 10月27日 バイオリンのしらべ 11月10日 やわらかなひびき () 11月26日 歌声を重ねて 重唱 (男声クインテット) 12月8日 ひざの上のオーケストラ ・ (ギター) 1月5日 風の音色 等 パトリック・ヌジェ (ともにアコーディオン) 1月19日 新しい音の世界 電子楽器 () 2月2日 みんなで歌おう 合唱 黒田晋也() 2月16日 ひびけリコーダー リコーダーアンサンブル 東京リコーダー・オーケストラ(99年度に出演する金子健治が所属) 3月2日 音楽の森の指揮者 オーケストラ () 慶応大学ワグネルソサエティ・オーケストラ 1998年度 [ ] 98年度は97年度のコンセプトを生かしながら設定を大幅に変え、舞台は音楽の森の中央にある「音楽の広場」に移した。 出演者は子役を交代し、斎藤と本谷は前年度から同キャラクターで引き続き出演。 自宅の裏山に不思議な木を見つけたサッカー少年コースケは、妖精ララに出会い、トゥトゥトゥリーを紹介される。 ララと手をつないで回ると、音楽の森の宣伝マンと自称するキーボーズを招き、ショータイムに誘われるのだった。 ショータイムではその回のゲストが、本番組の課題曲である『』を演奏・歌唱する。 今年度は「がんばリコーダー」というミニコーナーを設定し、前番組「」で指導した監修の下、奏者としても名高い俳優を先生役とし、生徒のを指導する形で奏法を学習する。 キーボーズ 演:斎藤雅広 音楽の森の宣伝マン。 衣装は前年度と同じ。 妖精ララ 演:本谷美加子 音楽の森の道案内役。 衣装は前年度と同じ。 少年コースケ 演:佐藤光将 音楽の広場でキーボーズの仕事の手伝いをする少年。 先生 演: 「がんばリコーダー」のコーナーに出演。 生徒 演: 「がんばリコーダー」のコーナーに出演。 日程 タイトル がんばリコーダー課題 テーマ ゲスト 4月6日 音楽の森へ 4月20日 リズムで楽しく 打楽器 ・ 5月11日 ピアノは魔法の箱? 出演者が総入れ替えされ、97・98年度に比べてストーリー性は薄くなり、オーソドックスな鑑賞・指導の形態となった。 音楽の森を訪ねたユキ(赤松由貴)とショウタ(内田叡良)はジュン(神矢ゆき)と出会い、音楽の森を紹介される。 2人はジュンの案内で演奏したり、ネコさん(金子健治)にリコーダー奏法を習ったり、森の住人であるゲスト音楽家たちの演奏を鑑賞し、演奏に加わる。 リコーダー指導の時間は前半に取られ、課題曲を通して奏法を身につけていくようになる。 指使いは、指ごとに色をつけた白手袋「左手くん」「右手ちゃん」が、リコーダーに見立てた透明管を持って演奏する様子を捉えた映像で示す。 2000年3月6日に最終回が放送され、翌週3月13日の最終回再放送分をもって番組は終了した。 日程 タイトル 課題 テーマ ゲスト 4月5日 耳をすまして1 4月19日 からだは楽器 5月10日 たたけばリズム 5月24日 はずんでドレミ 塩浜玲子(マリンバ) 6月7日 息をあつめて リコーダー 6月21日 指ではじけば 弦楽器 柴田杏里(ギター) 木村茉莉() 7月5日 音楽はともだち1 1学期の復習 8月23日 耳をすまして2 9月13日 ピアノは魔法の箱 ピアノ 関孝弘 9月27日 日本のリズム 和楽器 日本音楽集団 北島直樹(ピアノ) 10月15日 ふえのなかま 萩原貴子(フルート) 西脇千花(ピアノ) 東京放送児童合唱団 10月25日 声をかさねて 重唱 西脇千花 11月8日 バイオリンのしらべ ヴァイオリン 水野佐知香 11月22日 やっぱりラッパ 坂井俊博(トランペット) 12月6日 音楽はともだち2 2学期の復習 1月14日 耳をすまして3 1月24日 日本の音 和楽器 (尺八) 福永千恵子(筝) 2月7日 ひびけ歌声 合唱 東京放送児童合唱団 2月21日 楽しいアンサンブル 3月6日 音楽はともだち3 最終回、1年間の振り返り ネコさん 演:金子健治 ジュン 演: ユキ 演:赤松由貴 ショウタ 演:内田叡良 スタッフ [ ]• リコーダー指導:、篠原理華• プロデューサー: 脚注 [ ].

次の