寝すぎた。 寝 すぎ て 眠い!それ危ないかも!原因と対策まとめ

寝すぎのリスク多すぎわろた【寝溜めも無意味】|テンショクベース

寝すぎた

寝すぎる理由 そもそも、休日に寝ても寝ても眠気が取れない気がするのは、なぜでしょうか? 調べてみると、いくつかの理由があることがわかりました。 寝過ぎる理由としては基本的に体が疲れているか、その他の要因が絡んでいるケースが見られます。 肉体疲労 一番大きいのは、 肉体疲労 です。 肉体疲労が前日のうちに取りきれておらず、 休日にまとまって休みを取ろうと、体が睡眠サイクルに入ってしまう というケースがあります。 肉体疲労はストレッチなどである程度、体をほぐしてから就寝することで効率的に一晩の睡眠で回復させることができることもあります。 普段からハードワークの場合には仕方がないことかもしれませんが、休日の寝過ぎは肉体疲労を改善することで少し軽減できるでしょう。 脳疲労 頭脳労働タイプの方は、この脳疲労が原因で休日に寝過ぎてしまっている可能性も考えられます。 脳疲労というのは、 肉体疲労と同様に脳が疲れてしまい、他の活動ができなくなってしまう状況 を言います。 脳疲労は 睡眠で脳を回復させたり、休ませたりする必要がある ので、ついつい寝込んでしまうことがあるようです。 これも適度に脳をリフレッシュさせたり、糖分をとって仕事中に脳みそを使いすぎないようにするなどの対策をとることにより、休日の寝すぎを改善できることがあります。 夜型生活 体が疲れていること以外にも、休日に寝すぎてしまう原因はいくつか考えられます。 その中の一つが「 夜型生活を送ってしまっていること 」です。 ついつい休日の前の日には翌日休みだー!と嬉しくなってしまって、夜更かしをしてしまっているということはありませんか? 例えば土日休みの場合は、金曜日の夜遅くまで起きているというパターンです。 これは睡眠時間が全体的に短くなってしまうので、当然ですが休日朝になっても起きることができず、お昼頃まで寝込んでしまうことがあります。 もちろん休みの前の日ですから、少し夜更かししたくなるのは分かります。 しかし、できる限り休みの前だからこそ早めに就寝して、日頃の疲れを効率的に摂るようにしましょう。 起きる時間も平日と一緒にするのことで、 睡眠サイクルを崩さないということが大きなポイントになります。 就寝前の食事 就寝する前に、満腹になるまで食事をしてしまうのも、休日寝すぎてしまうことにつながります。 というのも、就寝前に食事をしてしまうと、体は睡眠をとっているつもりでも、食べ物を消化しなければならないため、体の一部は働き続けることになります。 そうなると全体的に体が深い眠りにつくことができず、疲れが取れづらくなることがあります。 これが休日寝すぎてしまう原因になることもあります。 就寝前には出来る限り胃の中を空に近い状態にして寝ると、効率よく疲れを取ることができます。 休日の寝すぎ、対策方法は 休みの日に寝すぎてしまうのは、いくつかの原因があることがわかりました。 それでは、休日の朝もスッキリ起きられるようになるためには、どのような対策を取って行けば良いのでしょうか?より時間を効率的に、そして有意義に使うためにも対策方法を確認していきましょう。 規則正しい生活 まずそもそも睡眠時間を確保するために、休みの前の日であっても規則正しい生活を心がけるようにしましょう。 休みの日だから少し寝坊してもよい、というのはまだ分かりますが、休みの日だから昼まで寝ていてもよい、というのは寝すぎにつながってしまいます。 普段から1時間から2時間程度遅く寝る というのは良いでしょうが、朝まで起きているというのは出来る限り避けた方が良いでしょう。 スケジュールを入れる 寝すぎてしまうのを物理的に防ぐため、休日にあえてスケジュールを入れるという方法もあります。 例えば、休日の朝一番で人と会ったり、遊びに行ったりする約束を入れてしまうのです。 こうなると相手がある約束なので、物理的に寝過ぎを防ぐことができます。 寝坊して遅刻してしまうと友好関係にヒビが入りますからね(笑) 光を使う 人間は本能的に光を浴びると、 体内時計がリセットされて、朝を迎えたという気になります。 ということで寝過ぎを防ぐため、朝起きたら二度寝をしてしまう前にカーテンなどを開け、日光を取り入れるようにしてみる、という方法もおすすめです。 オススメのマットレス Amazon評価4.

次の

【注意】寝すぎによる病気と脳や体への悪影響5つ

寝すぎた

スポンサーリンク 寝過ぎてしまう 睡眠の質を良くする 食べ物を食べると、体内では消化するための機能が働き出します。 通常、消化活動には3時間位かかるため、寝る3時間以降に食事をすると、寝ている間も体内では消化活動を行っているため、良い睡眠を得られません。 良い睡眠を取ると、起きた時に爽快感があります。 前日の疲れが取れてスッキリ目覚めると、起きる事に苦痛を感じなくなり、寝すぎを防ぐ事ができます。 良い睡眠を取るためには、寝る前の飲酒とカフェインが入った飲み物は控えましょう。 寝酒をすると寝つきが良くなるため、良く眠れるように勘違いしがちですが、お酒を飲むと交感神経の働きが活発になり、体は興奮状態となります。 睡眠中に体の神経が休んでいないため、浅い睡眠になってしまい朝すっきり目覚める事ができません。 カフェインが入った飲み物も同様の作用があります。 またお酒やカフェインが入った飲み物には利尿作用があるため、夜中にトイレへ行くために目が覚めてしまい、睡眠の妨げとなります。 良い睡眠を得るために、寝る前にぬるめのお湯に入浴して体をリラックスさせ、副交感神経が優位に働くようにします。 寝る前に体を温める事で血のめぐりが良くなり、眠りやすくなるため質の良い睡眠が得られます。 その他、寝る前に体を温める飲み物を飲むのも効果的です。 適度な運動を行い体を動かし、体力を消耗しておくと寝床に入った時、体力を回復するために深い眠りに入っていきます。 効率的に良い睡眠を取ると体力回復が早いため、二度寝をする気にならず、目覚めと共に力がみなぎり活動的になるため、寝すぎを解消できます。 スポンサーリンク カーテンを開けて寝る 寝る前にカーテンを開けておくと、朝日が昇り、外が明るくなってくると日差しが部屋に直接注ぎ込むため、明るさで目が覚めます。 薄暗い部屋に居ると、副交感神経の働きが優位になるため、リラックスして居心地が良く、目覚めても寝床から出られないでいるうちに二度寝をしてしまい、寝すぎの原因になります。 部屋が明るいと気持ちが活動的になるため、目覚めと共に「起きて動かなければ」という意識が働きます。 また、太陽の日差しを浴びる事は体内時計の調節に役立ちます。 人は体内時計を持っていて、そのリズムの通りに行動すると体にかかる負担が少なく、快適に過ごす事ができます。 規則正しい生活を送っていると、毎日決まった時間に、同じ行動をしないとストレスを感じます。 目覚めた時にすぐ動く習慣が身に付くと、いつまでも寝ている事がストレスになり、早く起きようと体が動き出します。 毎日同じ時間に起き、太陽の日差しを浴びて体内時計のズレをなくすと、寝すぎる事にストレスを感じるようになるため、寝すぎを防ぐ事ができます。 長時間寝る=不快な事、と体に覚えさせる事が大切です。 起きる時間を意識して寝る 明日は何をするか、そのために何時に動かなければいけないか、と時間を決めて1日の予定を立ててから寝ます。 就寝状態から、起きて活動するために目標を立てる事が大切です。 翌朝目覚めた時に、昨日立てた今日の予定が頭に浮かび、「起きて動き出さなければ」と、気持ちの切り替えがうまくできて、寝すぎを解消できます。 人はスケジュール通り、事を進める事に快感を持ちます。 昨日立てた予定通りに動いて、今日1日が充実した日だったと満足感を得るために、張り切って行動する事ができます。 だらだらと何となく1日を過ごすのではなく、目標を持って過ごすようにしましょう。 スポンサーリンク 気持ち良く起きられる時間を見つける 理想的な睡眠時間は7時間程度と言われていますが、人により気持ち良く眠る事ができる時間は違います。 また寝る時間によって睡眠の質が変わってくるため、何時に寝て何時に起きた時に体の調子が良かったのか、自分が気持ち良く起きる事ができた時間を調べることも、寝すぎを防ぐ事に効果的です。 気持ち良く目覚めた時は、体の疲れが取れて心身が活動的になっているため、「もう少し寝たい」と思い寝床で横になっていても、目がさえて眠る事ができません。 横になっている事に苦痛を感じるため、寝すぎる事はありません。 意識を変える 寝る事に幸せを感じていると、寝すぎる傾向にあります。 1日は24時間しかありません。 寝すぎている間に過ぎた時間は、二度と戻る事はありません。 1度しかない今日1日を、寝て過ごす事に「もったいない」と思う気持ちを持つ事が大切です。 人は、寝だめもできません。 今日10時間の睡眠を取っても、明日は寝ない訳にはいきません。 寝すぎた時間を、明日の睡眠時間に回す事もできません。 毎日適切な睡眠時間を取る必要があり「寝すぎで徳をする事はない」と意識改革が必要です。 『時は金なり』『早起きは3文の得』という、ことわざがあります。 寝すぎる事は、時間を無駄に使っている事と自覚し、時間を有効に活用するよう心掛けましょう。 スポンサーリンク 寝過ぎてしまう原因 食生活や生活習慣の乱れ 朝起きて昼に行動をして夜眠るというのが人間の基本的なリズムですが、それが乱れてしまうと寝付きが悪くなってしまうだけではなく、逆に睡眠時間が長くなりすぎてしまうことがあります。 その原因が生活習慣や食生活が乱れてしまうことです。 たとえば眠る直前までスマホを手放せずにいると脳が興奮状態のまま疲れが取れず、睡眠が浅くなります。 そういったことを続けていると持たなくなった身体がある日長時間の睡眠を欲してしまうようになったり、食事は寝付く数時間前には終えておきたいものですが、直前まで何かを口にしていると消化器官が休まらないことから、やはり寝ても身体が休まらないということがあるのです。 寝ているつもりで眠れていなかったために、疲労が溜まりすぎるとリラックスして身体を休ませられる状況になったときに身体が長時間の休憩を取ろうとします。 その結果寝すぎてしまうことがあるのです。 規則正しく生活をし、寝る前の食事は控えて眠りに入りやすい状態を作るように心かげてください。 自律神経失調症の疑いもある 自律神経というのはその名が示すとおりに、本人の意思と関係がないところで身体の状態をコントロールするために働いている神経になります。 その自律神経には交感神経と副交感神経の2種類があり、それぞれ身体を活性化させるためと休ませるために調整していますが、自律神経失調症はこのバランスが乱れてしまうことです。 症状として不眠や動悸、息切れ、イライラしたり落ち込みやすくなることなどが見られますが、朝起きられなくなったり半日以上眠りっぱなしになってしまうなど過剰な睡眠も挙げられますので、心配であれば一度病院で診察を受けてみてください。 自律神経を整えるのには、健康的な生活を意識することが第一です。 眠れなくても同じ時間に布団に入り、寝すぎないように眠くても毎朝も決まった時間に起きるなど工夫をしてください。 スポンサーリンク 病気のサインの可能性 病気の自覚症状の一つとして過眠が表れることがあります。 身体のどこかに痛みがあったり違和感を覚える場合には気がつきやすい病ですが、ただ単に寝すぎてしまうというときには「疲れているのだろう」と軽く流してしまいがちです。 しかし、いくら寝ても身体がだるいままであったり一向にスッキリしない場合には、何かしらの病気が隠れている可能性が高くなります。 糖尿病などはインスリンが正常に作用しなくなることから、血糖値が不安定になり脳が栄養不足になってしまうことで強い眠気を感じやすくなります。 昨今多くなっている非定型うつ病などでも睡眠時間が異常に長くなるこがありますが、この場合は日が沈んでから異様な倦怠感と強烈な眠気に襲われやすいため、何かしら思い当たる場合には早めの対策を行うようにしてください。 加齢による睡眠の質の変化 一般的に加齢に伴って眠気を感じにくくなってきて、睡眠時間が短くなる傾向にあるとされていますが、しかし体力の衰えから疲労は感じやすくなりますので、短い眠りでは疲れが取りきれずに休日になるとつい寝すぎてしまうということも多いのです。 他にも、普段夜間に目が覚めやすくなってしまったり、睡眠自体の質が低下して浅くなってしまうことでどんなに寝ても眠気が取れないという症状も表れます。 つい日中うとうとしてしまうということが多くなり、少しの休憩のつもりが本眠りをしてしまった、という失敗も少なくありません。 これは老化による症状で、睡眠を促すメラトニンの分泌量に変化が表れてくるために眠りのバランスが悪くなってしまうからです。 夜にしっかりと適切な睡眠を取ることができなくなるため、昼間に眠気を覚えたり逆に寝すぎてしまうこともあります。 寝過ぎてしまう原因を見つけて休日はしっかり起きよう いかがでしょうか。 寝すぎる事は時間を無駄にしているだけでなく、健康にも悪い影響を与えます。 寝すぎる事で、認知症のリスクが高くなり老化現象が早まります。 また、寝すぎると体の基礎代謝が低下し、太りやすくなります。 寝すぎると良い事はありません。 つい、寝過ぎてしまう人はその原因を見つけて早めに改善するようにしましょう。 そして休日は寝過ぎてしまうことが非常に多くなるので、休日も平日同じように決まった時間にアラームを鳴らすなどしてしっかり起きて、適切な睡眠時間を心がけ、活動的に過ごしましょう。 また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「」もあわせて読んでみましょう。 きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

次の

いくら寝ても眠い原因・病気・眠気危険度チェック [不眠・睡眠障害] All About

寝すぎた

逆に、5時間以下しか眠らなかった人も、同じように糖尿病のリスクが上がった事が報告されています。 このように、睡眠時間が長すぎても短すぎても、糖尿病のリスクは上がってしまうため、ちょうどよい睡眠時間が求められるようです。 太る 寝すぎると、体重を増やす原因にもなるようです。 睡眠が肥満に与える影響は、食事と運動の違いを考慮した場合でも、変わらなかったようです。 頭痛 全ての人には言えませんが、頭痛を感じやすい人は、休みの日などに長く寝ると、頭痛を感じる事があるようです。 これは、寝すぎる事によって、脳内の セロトニンなどの神経伝達物質に影響が出るからだとされています。 日中に寝すぎる人も同様の作用が体の中で起こっており、朝に頭痛を感じる事があるようです。 また、寝ている間に人間は水分を放出しますが、水分の不足によって温度調節ができずに頭痛が引き起こされることもあります。 そのため、寝る前に水分を取るなどして対策をとる必要があります。 ところでセロトニンって? セロトニンは、必須アミノ酸であるトリプトファンから作られる、重要な神経伝達物質の一つです。 別名「幸福ホルモン」とも呼ばれ、神経の働きやストレスを抑え、肉体的・精神的に身体をリラックスさせる効果があります。 背中の痛み(腰痛) 腰痛を持っている人や、背中に痛みがある人は、布団に直行してしまいがちですが、それは逆効果です。 長時間体を横にして欠航が悪い状態を保ってしまうと、背中の痛みや腰痛の原因になります。 背中の痛みに関する医者の意見も、今日では普段より眠るのは良くない事との事です。 それよりも、運動による回復が推奨されています。 これは、先ほど述べたセロトニン等の脳内の神経伝達物質の働きが、寝すぎる事によって阻害されるために起こる事だと考えられています。 原因に関しては、まだはっきりとした事は出ていないため、あくまで可能性の話です。 しかし、被験者の数からみても、睡眠時間と心臓病の間には関係がある事が伺えます。 顔のむくみ 寝ている間に顔がむくんでしまうのは一般的な症状ですが、寝すぎるとその症状は悪化してしまいます。 起床時のむくみの主な原因は、リンパの流れが滞る事によって顔にリンパが溜まってしまう事によるものです。 眠っている時は、起きている時に比べて顔の位置が下にありますよね。 リンパが日中より顔に溜まりやすくなるのは、そのためです。 長い時間眠る=リンパを長い時間顔にため込んでしまうということで、顔のむくみも治りにくくなります。 リンパって何? ここではリンパ管を流れるリンパ液の事を指します。 体全身に張り巡らされるリンパ管を通り、免疫機能や、老廃物運搬機能を果たします。 眠っている間は体も動かないため、このリンパ液は本来流れめぐっているリンパ管を回らずに、管内で滞ってしまうのです。 体内時計の乱れ 睡眠時間が長くなると、体内時計も狂いやすくなります。 体内時計の狂いは、メラトニンと呼ばれるホルモンの活動に影響を及ぼし、細胞への酸化ダメージを助長する可能性があります。 また、メラトニン自身が体内時計を調整するホルモンでもあるため、メラトニンの減少や不活性も体内時計の乱れに関係してくるでしょう。 また、体内時計が乱れると、日中の集中力の低下や倦怠感、疲労感などの原因になります。 脳の活動低下 「脳の老化」とも呼ばれますが、複数の研究で、9時間以上の睡眠による記憶力の低下、学力の下降、認知能力の低下などの悪影響が実際に出ている事が明らかになっています。 長く眠る、という事はそれだけ脳に負担を与えている事になります。 人間はレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返して睡眠を取っています:• 寝すぎを改善するための方法 ベストな睡眠時間を見つける 人によって合うダイエットが違うように、ベストな睡眠時間も人によって違います。 平均的には 6時間から 9時間ほどが推奨されていますが、9時間が体に合っている人もいれば、6時間で充分だという人もいます。 自分の体の反応を見て、どの位の睡眠時間が一番良いのかを見つけるべきでしょう。 二度寝をしない 二度寝をすると、余計に起きる時体のだるさを感じたと事はありませんか?実は、二度寝をする際にはノンレム睡眠に入りやすくなり、深い睡眠に陥りやすいのです。 二度寝から起きる時に深い眠りから体を起こそうとするため、余計に身体が重く感じるのです。 二度寝をしないためには、普段の生活の睡眠不足や生活リズムの乱れを改善していく必要があります。 また、以下に挙げる運動・日光浴・スケジューリングも二度寝を避けるのに役に立ちます。 日中に運動をする 運動をする事で睡眠の質や睡眠時間を改善する事は、多くの研究で示されています。 どの位の運動をすれば良い?というのは、これまた人によりますが、サイクリングなどの有酸素運動を30分から45分ほど行う事で睡眠の質が改善されたとの研究があります。 ですから、少なくとも 30分程度のウォーキング以上の事を毎日行う事で、睡眠時間・質ともに改善されることが期待できるでしょう。 日を浴びる 日光を朝に浴びる事は、体内時計を調節するのにも効果的です。 朝しっかり日を浴びると、体内でのメラトニンの生成を促される事で、脳が「あっもう起きる時間か!」と反応してくれます。 日を浴びるだけで体が勝手に起き始めてくれるのです。 農民の古来からの風習である、「日の出とともに起きて日の入りで寝る」という生活習慣は、体を自然に起こすためには実はとても理にかなっている伝統習慣なのです。 スケジューリング 「朝起きたら何をするか」「この時間までには布団に行く」など、一日の計画を予め立てておくと、 目的意識を持つことができ、自然に目が覚めるようになります。 特に二度寝をしやすい人は、朝にすることを決めておくと効果的です。 例えば、「朝は6時に起きて英語の勉強を一時間する」や「走りに行って熱いシャワーを浴びる」でも良いでしょう。 どんな理由でも、自分にとって起きるに値する目的を持ちましょう。 シャワーを浴びる シャワーを浴びる事で血行の改善に繋がり、体の機能が活性化されます。 また、体の中の血液やリンパ液の循環が良くなるため、顔や体のむくみがある人は改善されやすくなります。 血液の循環を良くするには温かいシャワーが最適ですが、冷たいシャワーが良い方はそれでも良いでしょう。 心地よく浴びる事ができる方を選ぶことで、ストレスなく一日を始める事ができます。 まとめ 寝すぎることで様々な悪影響が体に出てくる事は、分かっていただけたでしょうか。 短期間では疲れや頭痛だけで済みますが、長期間寝すぎる毎日を送っている場合には、病気のリスクも上がっていきます。 どうしても体が疲れている時には長時間眠りがちですが、あえて体をいつも通り起こすことで、日中の活力、翌晩の睡眠改善などに繋がります。 また、昼寝をしても良いでしょう。 大切なのは、睡眠時間を一定に保つことで体内時計を維持し、不規則な生活リズムにならないようにする事です。 サイト管理者のShin Fujimotoです。 高校生の時にウェイトトレーニングを始めてから、大学に至るまで多くの知識をオンラインの文献から書籍まで読み漁り、独学で栄養・健康・フィットネスの知識を身につけてた筋トレをこよなく愛する健康オタクです。 このサイトを見てくださった方々がより良い人生をおくることができるように、少しでも多くの知見を提供できるように切磋琢磨しています。 現在はより多くの方の個人的なダイエット・トレーニングに関する悩みやご相談などに答えるためにメールを通じたアドバイスを行なっております。 商売目的で行なっているわけではないので、お気軽にsfujimot1182 gmail. comまで連絡ください。 その他ご質問・ご意見・ご要望等がありましたら、お問い合わせフォームをご利用なさるか、上記のメールアドレスまでご連絡下さい。

次の