大村競艇特徴。 大村競艇特徴 有利不利 攻略法

ボートレース若松競艇場攻略!特徴や傾向まとめ

大村競艇特徴

大村競艇の特徴は?予想のコツを徹底検証 今回は「大村競艇場」で稼げる予想をする為に、ココだけは抑えとけって箇所を説明して行こうと思う。 まず、大村競艇は ボートレース発祥の地として知られる競艇場だ。 そんな大村競艇はインコースの勝率が全国で一番高いことで有名。 とはいえ、ただ1号艇を軸にして予想したところで不的中となる。 実際に、個人で何度も予想したが全く的中しなかった。 では、何を抑えておけば大村競艇で的中する予想ができるのかを俺が徹底的に探ってみた。 探った結果見えてきたモノをまとめてみたので是非最後まで目を通して欲しい。 それでは解説開始。 あまいないろは。 大村競艇場の1号艇が強いのはセオリーの問題だけじゃない。 説明してやろう。 初めに、大村競艇は長崎県大村市に構える競艇場だ。 ボートレース場では日本最西端に位置している。 水質に関しては大村湾に面しているため海水だ。 海に面しているため干満差があり、昔は「満潮の時にはインが強い」と言われていたが、最近では干潮でもインコースが強い傾向にある。 では、なぜインコースが強いのか? これから紹介していく。 まずは大村競艇の見取り図を見てくれ。 1マークの振りが比較的小さいため、インが直線で走れるレイアウト。 また、ピットから2マークまでの距離が短いため枠なり進入率が高い。 どちらにしてもインコースが有利であり、1号艇がインを死守しやすい水面となっている。 ちなみに、大村競艇は2マーク側に海が広がっていて、昔は風の影響が大きかった。 しかし、最近になって防風ネットで対策されたことにより影響を受けることが少なくなっている。 風の影響を殆ど受けないことによりイン有利に拍車がかかった訳だ。 もう一つ、大村競艇にはインが強いと言える理由がある。 それは・・・企画レースの存在だ。 企画の条件はこんな感じだ。 そこが、大村競艇場で最難関な部分なんだよ。 それじゃ大村競艇場2つ目を紹介していこう。 実は「うねり」がレースに影響を与えているのだ。 大村競艇のうねりは目に見えにくく独特であるため、2マーク付近はキャビリやすい状況にある。 そのため、大村競艇の2マークはツケマイが効きにくく、差しが効きやすい。 コースに関係なく、腕の良い選手や水面特性を熟知している地元選手がうまく捌き、スピード任せの若手選手は飛んでしまう訳だ。 また、「うねり+目標物がない+風の向きが変わりやすい」ことで大村競艇のスタートは難しいと言われている。 スタートタイミングを掴めている選手が上位に上がってくる。 その結果が下記のように表れる。 安心しろ。 その打開策もしっかり考えてある。 大村競艇の特徴を知らなくても稼げる?? ここまで大村競艇の特徴について説明してきた。 だが、結局のところ個人で風やうねりの影響、選手の思考やスタートタイミングを予想するのは不可能に近いと判断した。 その理由は・・・個人で予想しても得られる情報量には限界があるし、自然の摂理である風、うねりを予測するなど至難の技と言えるからだ。 では、どんな対策を取れば苦難が強いられる大村競艇でいともあっさり的中することができるのか。 安心してくれ。 その答えもしっかり用意してある。 ズバリ! 競艇予想サイトを使うってことだ。 彼らは、競艇で的中する予想を提供する為に日々思考を凝らしている。 加えて、何百・何千という競艇予想を提供し続けていることを加味すれば、彼らの予想に乗るほうが圧倒的に高確率で的中をモノにできるよな。 でも、ただ単純に適当な競艇予想サイトを使ったってダメなんだ。 要は、大村競艇で見事な結果を残している予想サイトを選ぶってこと。 では、ココからが本題。 俺が参加してきた数多くの競艇予想サイトの中から、大村競艇にめっぽう強いサイトを紹介しよう。 大村競艇といえば・・・。 セカンドライフには検証目的で数多くの予想に参加した。 その中で大村競艇の予想も提供したのだが結果は共に3戦3勝。 的中率は100%を叩き出している。 まだまだ参加母数が少ないから説得力はないかもしれないが、予想を提供した時に必ず的中するのは実力がある証拠。 試してみる価値は十二分にあると思うぞ。

次の

大村競艇予想のコツ・抑えておくべきポイント

大村競艇特徴

2018年9月から「発祥地ナイター」の名称でナイターレースに参入します。 ボートレース発祥地して場内には「ボーレース発祥地記念館」もあります。 大村ボートは天然の生け簀と呼ばれる穏やかな大村湾に面した海水のレース場です。 大村湾からと水門で通じており、潮位の差はあります。 潮位差は1mくらいですが、満潮時の2マークは水面が荒れて逆転も多く見られます。 大村ボートは1コースの強さが際立っています。 2017年11月~2018年4月までの1コースの1着率は68.4%と全国一でした。 「イン日本一」と呼ばれるのも納得です。 1コースが強い理由は2つ。 風と番組です。 風向が一定しないのでスタート勘がつかみにくく、ダッシュ勢が思い切ったスタート勝負に出られないからです。 番組は徹底したA級を優遇します。 初日のドリーム戦の得点が高く設定されており、準優進出戦、準優勝戦でドリーム戦で上位着を取ったレーサーに1号艇が回ってきます。 一般戦の6日間開催で1号艇が4回も巡ってくるレーサーがいるほどです。 シード番組の1Rは1コースの1着率が80%を超えています。 優勝戦の1コースの強さも際立っており、半年間21回あった優勝戦で20回も1コースが勝ちました。 レースが荒れるのは強めの斜め追い風が吹いたときです。 1コースがスタートで立ち遅れることがあり、そのときだけ高配当が飛び出します。 大村競艇の周辺マップ.

次の

大村競艇場の特徴から考える舟券予想

大村競艇特徴

こんにちは、の川田です。 今回はボートレース発祥の地である大村競艇場の水面特性、コース特徴について有利不利などを調べて攻略法を探ってみたいと思います。 大村競艇場の水面は海水を使用していて、干満差もあります。 つまり基本セオリーから考えると、都市部の工業用水プールなどと比べると、あまり堅い・平穏に決まるという特徴にはならないはずです。 ナイターレースでお馴染みの桐生なんかとちょっと比較してみましょうか。 両場の2連複1番人気の組み合わせの的中率と回収率を調べてみました。 しかし、これが「めざまし戦」や5R、または進入固定に特化したシリーズなんかになるとガラリと印象が変わります。 裏を返せば、進入固定とそれ以外のレースを全部混ぜて「桐生と大差ない」レベルって事はやはり大村競艇場は人為的に「堅いレース」を演出する傾向にあるが、基本的には堅く収まるような競艇場の作りにはなっていないという事です。 ただし、競艇場のピットの位置が2マークの観客席側にあり、これが結構6コースに入る選手にとっては邪魔臭い存在なんですよ。 (以下の画像参照) なんとなく窮屈な感じが伝わるでしょうか?上記の図はちょっとデフォルメしてわかりやすくし過ぎてる感じはありますが、6コースは結構窮屈な思いをするのは事実です。 そして第1マーク付近では2コースから5コースの艇が外に寄って来るので、やはり6コース艇は窮屈になってしまい、かなり不利です。 先程名前のあがった桐生競艇場なんかと比べて6コース勝率が半分くらいしかありません。 ボートレース大村の「堅さ」は進入固定と6コースの弱さによるものって事です。 私が競艇で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。

次の