アズレン コアデータ 入手。 【アズレン】最新のコアショップ装備評価・ラインナップ一覧表【コアデータの使い道】

【アズレン】今月のコアデータ交換のおすすめは何が良い?うーん、迷う…コアショップはいつも悩ましい

アズレン コアデータ 入手

高耐久、高火力を備える開発艦の1体。 所属はアイリス陣営。 戦闘開始時、40秒間、回避が15. 導く者よ。 私はサン・ルイ、神の思し召しによりあなた元に仕えるもの。 あなたが人の世の理りに反しない限り、この槍はあなたのために振るおう ログイン ボンジョール、指揮官。 教えてくれ、次は何をすればいい? 詳細確認 指揮官、あなたも神に祈りを捧げるのか? メイン1 指揮官、あなたの時間は雑務に費やされるべきではない。 ここは私が引き受けよう メイン2 戦友たちの中でいざこざがあるなら、その仲裁は私に任せてほしい。 なにぶん得意なのでな メイン3 私は戦に勝てればそれで良いが、指揮官、あなたはもっと遠い先まで見渡すべきだ タッチ 戦いをもって平和をもたらす。 これこそ私ができるたった一つの役目である タッチ2 指揮官、ご自重を 任務 指揮官、神の思し召しではないが…海軍部より新たな任務が通達された 任務完了 報奨か……良い物ではあるだろうが、興味はないな メール 指揮官、この手紙は開封しなくても良いのか? 母港帰還 受難こそ戦士の証。 みな、よくぞ持ちこたえてくれた 委託完了 指揮官、委託に出掛けた戦友たちが戻ってくるのが見えた 強化成功 我らの役目のために…… 戦闘開始 等しく破滅をくれてやる…! 勝利 塵は塵に、灰は灰に…… 失敗 神よ、なにゆえ私を見捨てたのだ… スキル 我らが神よ、等しく愛憎をくれ給え 損傷大 これも…我が神より下されし試練……! 失望 ここにいる戦友たちは等しく義人だ。 …あなたを除いて。 罪人よ、神の裁きを心して待つが良い 知り合い ここは私が未来を過ごす場所……ならばここは、果たしてソドムか、それともカナンか 友好 戦友たちの顔はまるで悩みなど一つもないように眩しい。 ここは彼女たちのカナンだろうか 好き この艦隊に私は受け入れられた気がする。 だが、ここが私にとっての約束の地だとしたら……いいや、みんなを疑っているわけではないが、もっと深い意味があるとつい勘ぐってしまう… ラブ なるほど、指揮官、そういうことか。 今の私は戦友たちと同じぐらい……いいや、それ以上の充実感を感じる。 この艦隊…ふふん、あなたのそばこそ私にとってのカナンだ 結婚 では誓おう。 アイリス陣営所属の重巡洋艦。 レア度は通常の艦と異なり「PR」となっている。 ハイエンドコンテンツなので入手には非常に時間がかかる。 突破は通常の艦船とは異なり、研究で入手できる強化ユニットを消費することで行い、最終突破(強化レベル30)をするためには、入手よりもさらに何倍もの時間が必要になる。 ステータス面では耐久と火力が非常に高い。 後述する火力スキルも相まって砲撃性能は全重巡洋艦でもトップクラス。 魚雷は主砲ほど強力ではなく性能は並といった程度。 雷装値も魚雷補正値も高いとは言えない数値。 一応数値は最低限はあるのでサブウェポンとしては使える。 対空値はそれなりの数値で対空補正値は高めになっている。 対空性能に過度な期待はできないものの、十分に艦載機の処理は可能。 ステータスが非常に優秀なキャラになっているが、スキルもステータスに劣らず優秀なものがそろっている。 1つ目のスキル「徹甲加工榴弾」は榴弾装備の砲撃ダメージを上昇させる攻撃スキルになっている。 エンジンブースト 速力が3 8 上昇する。 重巡洋艦の弱点である速力が上昇するのはかなり大きい。 また、戦闘開始後40秒に限るものの、回避が最大で35%も上昇する。 どちらかというとスキル効果のメインは速力の上昇。 回避上昇は戦闘開始後40秒後は効果切れを引き起こすので、ボス戦ではボス出現時には効果が切れてしまってる場合が多い。 元々耐久が非常に高いので回避率上昇はうれしいが効果としては限定的(もちろん回避35%上昇は大きいが) 3つ目のスキル「対セイレーン特化改修」は開発艦が持っているスキルで、セイレーンに対してダメージが上昇するというもの。 最大強化でダメージが15%増加する。 全弾発射は威力と範囲に優れたもので、非常に強力な性能になっている。 全段発射の弾種が榴弾なので、徹甲加工榴弾のバフ効果が乗るのも大きい。 攻撃面、防御面でも隙の無い性能になっていて、スキルによって重巡洋艦の弱点である速力もカバーされている。 重巡洋艦が比較的苦手にしている対空もそこそこの性能。 重巡洋艦の欠点を消し去った上に、長所は伸ばしきったという感じに仕上がっている。 同じく高火力、高耐久の計画艦のと比較されることが多いが、サン・ルイは火力面でよりも優れていて、全前衛艦でトップクラスの攻撃性能を持っている。 一方で、耐久面はに劣るものの、ローンの耐久力が高すぎるだけで、サン・ルイ自身の耐久力もトップクラス。 最大の欠点は、入手難易度の高さと、強化レベルの上昇に必要な強化ユニット数が膨大であるということ。 入手に時間がかかる上に、最大レベルの30まで強化するには数カ月を要する。 強化レベル20程度になってくれば十分に強力だが、強化レベル25と30での強化が大きいのでぜひとも30まで上昇させたい。 また、燃料消費がSSR重巡洋艦よりも1多いというのも欠点の1つ。 開発艦はSSRよりも一段階上の強さというのが数字に表れている。 他には、アイリス陣営所属ということで、大きなバフ能力を狙ってアイリス艦隊を作るにはキャラの層が薄すぎるというのも一応欠点の1つか。 欠点がないわけでもないが、戦闘能力は前衛艦でもトップクラス。 どんな状況でも性能を発揮できる汎用性の高いキャラになっている。 スポンサーリンク 「サン・ルイ」のオススメ装備 主砲 スキルの関係上榴弾を装備するべき。 榴弾を装備するだけでダメージが35%上昇というのは強すぎる。 両方とも入手難易度が高めなのがネック。 特には発射速度が短いので、全弾発射の回転率が高速になるという大きなメリットがある。 砲撃威力も十分なのでサン・ルイの最適な装備。 優先度は高くないので、他の魚雷が強力なキャラに優先して良いものを装備して、余ったうちから強力なものを選択すると良いでしょう。 オススメは命中が上昇するで優先度は高め。 サン・ルイは隠しステータスの「運」が低く、命中率が他の艦と比べて低くなっている。 設備のスロットを消費する必要がないので、命中を対空砲で補えるのはかなり大きいメリット。 ただし、入手難易度が高いのがネック。 重巡洋艦の場合、攻撃力を伸ばせる設備は少なく、高性能で汎用性が高いものになるとくらいか。 入手難易度が低く、装填値を大幅に上昇させられる強力な装備。 耐久力を強化する装備は色々とあり、、、、などが候補になる。 サン・ルイには弱点がほとんどないとは言っても、重巡主砲の砲撃ペースの遅さと射角の狭さまでは完全に解消しきれていないので、自爆ボートの処理を任せられるとキツイ。 自爆ボートの処理が必要なステージでは砲撃が得意な駆逐艦や軽巡洋艦と組ませる必要はある。

次の

【アズレン】コアショップ おすすめの交換装備(アイテム)

アズレン コアデータ 入手

()の コアショップで交換できる商品 ラインナップを紹介しています。 さらに装備の性能解説や個人的な評価を掲載、 コアデータの使い道に迷っている、装備の性能が知りたい、最新のラインナップが見たいという人にオススメの記事です。 ラインナップ更新 2020年7月2日:設備「強化耐圧殻設計案」、「」、「」、戦艦「」 2020年5月14日:「」、駆逐「」 2020年4月9日:空母「」、戦艦「」 2020年4月1日:戦闘機「シーフューリー」、戦闘機「(VF-17中隊)」 2020年1月1日:設備「マリニエール魂(迷彩)」、「ファイアブランド」• コアデータ 最初に コアデータについて簡単におさらい。 コアデータの主な入手方法は 任務報酬、メインストーリーの ハードモードが挙げられる。 任務は「 任意のハード海域を1回クリアする」という内容なので、ハードモードを欠かさずプレイしていれば自然と達成できる。 ハードモードは1日3回までクリアできる。 他よりもコアデータの入手量が多く、 コアデータ増量キャンペーン中は入手量が3倍になる。 各種コアデータ入手量はタッチで確認 任務報酬(ひらく) デイリー ウィークリー 1回分 5 15 1ヶ月分 150 60 3ヶ月分 450 180 ハードモード(ひらく) ハード 1周 1日 30日 90日 1章 4 12 360 1080 2章 8 24 720 2160 3章 10 30 900 2700 4章 12 36 1080 3240 5章 14 42 1260 3780 6章 16 48 1440 4320 7章 18 54 1620 4860 8章 20 60 1800 5400 9章 22 66 1980 5940 10章 24 72 2160 6480 11章 26 78 2340 7020 初心者は早い内に2章ハードを回せるようになると良い。 1章と2章ではコアデータに2倍の差があり、 コアショップ 購買部から コアショップへ進める。 コアショップの商品には毎月 購入制限があり、この制限は 月替りで更新 リセット される。 商品の ラインナップに追加や削除があるときは月末のメンテンスで告知される。 強力な装備が追加されるかもしれないので、商品交換は基本的に月末のメンテンス告知が出てからがオススメだ。 ラインナップ コアショップの商品ラインナップを掲載。 艦船交換はNG コアショップのラインナップには現在8隻の艦船が並んでいるが、全てがコアショップ限定という訳ではなく、 作戦履歴で過去のイベントを周回すればドロップする艦船もいる。 コアショップ限定艦 入手方法がコアショップのみの艦船はこちら SR「」 SR「」 SR戦艦「」 その他 こちらの艦船は急ぎでないならドロップを狙ったほうがよく、強さ的にもコアデータを消費してまで入手するほどではない。 装備の性能 コアショップに並ぶ装備の性能を紹介、最新の装備は上に表示しています。 今までは改良型シュノーケル+九三式が潜水艦の基本セットだったが、の代わりに強化耐圧殻設計案も候補に挙がるかもしれない。 と比較すると魚雷ダメージでは当然敵わず、魚雷が同じ数命中する状況ではが有利。 また、潜水艦に装備する設備としてはよりも費用負担が少ないというのもポイントだ。 以下の記事で魚雷命中数や前進距離の検証をまとめているので気になる方は参照して欲しい。 2020年7月1日にコアショップに追加された。 通称「ジャンバ砲」と呼ばれ、のスキル発動に必要なため専用装備と化している。 この主砲もジャン・バールのために1本交換する程度で十分である。 砲座3の戦艦なら合計で12発、砲座2のジャン・バールなら合計8発のを投射する。 380mm四連装砲Mle1935は拡散範囲が広く、狙った所に弾が飛ばないという弱点がある。 また、DPSで比べると一般的な戦艦は406mm三連装砲MK6T3を装備するほうが高くなる。 この主砲を上手く扱えるのはやはりジャン・バールくらい、他の艦船だと弾の性質が変わるやあたりが若干適正有りといった感じか。 長らく入手不可能だったが、2020年4月にコアショップに追加。 戦闘機としての性能は500lb爆弾を2つ搭載、攻撃速度は普通、機銃性能が良好といった感じ。 地味な長所は威力が160あること。 これは戦闘機の中ではトップクラスに高く、烈風の162に迫る数値。 飛行速度が52なので、同じ飛行速度のバーダと組ませることで足並みを揃えられる。 防空艦の突破や演習で艦載機を落とされないようにするといった利点がある。 長らく入手不可能だったが、2020年4月にコアショップに追加。 通常の500lb爆弾よりも威力が20高く、他の類似戦闘機よりも攻撃速度に優れ、おまけに対空5%アップのスキルまで備えている。 特別なことを考えなければ戦闘機は全て「(VF-17中隊)」でOKと言えるほどの性能を有している。 数揃えて複数の空母に装備、手動で航空攻撃を行い発艦タイミングをずらすことで対空アップ状態を長く維持するという使い方も考えられる。 (VF-17中隊)の弱点をあえて挙げるとすれば、飛行速度がの流星やバーダより遅い49ということ。 また、演習や防空艦を相手にする時は先頭を飛ぶ艦載機が攻撃する前に撃墜される可能性もありえる。 攻撃性能は戦闘機<orなので、戦闘機を囮に使うなら他を選んだほうが良いかもしれない。 31sとこちらよりもだいぶ速い。 ファイアブランドの利点は機銃性能の高さによる航空機の迎撃だ。 中国での評価によるとバーダのおよそ1. 5倍の性能があるとか。 敵の航空機に悩まされる時に出番があるかもしれない。 また、単純に遅いことを利用して攻撃順の調整に使うこともできる。 スキルによっては攻撃の前後が重要になるものがあるため、1つくらいは交換しておいても良いだろう。 を上げる迷彩塗装」とあるが、特別なスキルも無い上に性能も微妙。 青装備の「 迷彩塗装」および「 油圧舵」、「 偵察レポート・NY周辺海域」、「 約束の証明」など、似たような装備は他にもある。 しかも、性能面で上位と呼べる「 強化油圧舵」、「 ビーバーズエムブレム」が存在しているので、普通に遊んでる限りだと交換する理由が見当たらない。 もっぱらEXステージ攻略やエリート艦隊速攻撃破などで使われる。 実は ハードモードの出撃制限を満たすときに便利な設備だったりする。 魚雷が使えない前衛艦も装備できるため、雷装0の艦船が 九三式を装備すれば雷装値を 最大200までカバーできる。 魚雷型艦船を使いたくない時に役立つかもしれない。 九三式の難点はプレイヤー負担が大きいこと。 交換にコアデータ1500、最大強化するのに汎用T3パーツ288個&資金8280消費する。 デイリーの 通商破壊では 九三式を装備すると、強化段階に応じて 潜水艦の魚雷残弾数が増加する特性がある。 残弾増加は以下の通り。 炎上確率がアップすると相性が良いかもしれない。 よく比較される試製203mm三連装砲はDPSが高く射角が少し狭い。 イメージ図は画像参照。 試製203mm連装砲 3号 はこの射角の違いと2発並んで飛ぶ特性のおかげで攻撃範囲が広がり、 動く敵に対するヒット率は高いように思える。 クリティカルダメージアップは主砲攻撃のみ適用され、 特殊には影響無し。 戦艦に欲しい火力と命中の両方を底上げができる設備なので交換する優先度は高い。 実戦で回避100幸運50くらいの敵を相手にする場合、基本クリティカル率10%は硬いのでSHSを装備すれば18%は狙えそうだ。 先述の一式(クリティカルダメージアップ)と相性が良いように思えるが、戦艦はSGレーダーなどの命中設備、消火装置や対空レーダーなどの対策設備を積みたいのでSHSの優先度は一式よりも低い。 5秒長く潜航できる。 改良型シュノーケルを装備するだけでリロード回数を増やせる潜水艦が多く、ある意味で攻撃力アップ設備と言える。 2019年に入ってから潜水艦関連の修正と通商破壊が実装、イベントやメインストーリーで潜水艦を使った攻略も増えている。 潜水艦需要の増加と共にこの装備の優先度も上がっている。 改良型蓄電池群で支援範囲を拡大すれば潜水艦をより活躍させることができる。 また、支援範囲は潜水艦隊の旗艦 中央の艦船 を参照するので、この設備も 旗艦に装備しないと支援範囲を広げられない。 アップデートによって潜水艦の 作戦エリア変更ができるようになったため、改良型蓄電池群の優先度は下がった。 作戦エリア変更には僅かだが燃料を消費するので燃料節約に使うか、変更が面倒な人が装備するくらいしか使い道がない。 スキルは艦隊の戦闘機数が多いほど有利に働くので使うなら 空母編成推奨だ。 ちなみに 威力補正というのは 艦船の装備補正のことを指している。 仮に戦闘機120%の艦船なら124%で計算される。 マスクデータの移動速度は45と遅め、敵航空機の迎撃で考えたら画面内の滞在時間が長くなるので有利に働く可能性がある。 投下する爆弾は通常のものと異なり、 装甲破壊効果を有している。 加えて普通の 装甲破壊効果は重装甲の敵にしか適用されないが、バーダ(831中隊)は 敵の装甲に関わらず効果を発揮してくれる。 つまり、誰が相手でも以下の効果を付与できる可能性があり、味方のサポートに貢献するということ。 破甲効果発動中は敵艦に 赤いエフェクトが発生、「 6秒間、砲撃によるダメージが8%アップ」する。 バーダ(831中隊)の爆弾は一般的な1600lb爆弾よりも装甲補正が高く設定されている。 威力も480とトップ、一般的なの2倍以上だ。 この特性は演習で効果を発揮することがあり、回避不可能な ダメージ(到達ダメージ)を利用して敵の主力を削る戦法が取れる。 ダメージを利用した演習編成については以下の記事を参照して欲しい。 鞍山級とは、鞍山、撫順、、太原の4隻を指し、彼女達の全弾発射性能がそれぞれ固有の色に変化する。 耐久目的なら回復効果がある応急修理装置を装備するほうが良く、その上でさらに耐久を盛るなら候補に挙がるかもしれない。 そこそこの攻撃性能を残しつつ、航空リロードを速くしたい時に便利だ。 地味ながら機銃性能が高く、BTD-1デストロイヤーの2倍の機関砲を搭載しているため、航空機の迎撃で活躍するかもしれない。 さらに地味な所だと回避上限がの中で最高の数値を誇る。 メインストーリー13章の防空艦に対して有利に働くかもしれない。 その代わり航空攻撃ヒット時に敵を 鈍足にする効果が魅力的だ。 面制圧力に優れる汎用魚雷なので動く敵にも当てやすく、鈍足効果で後続のサポートができる。 装備の効果で「 自身の艦載機が~」とあるが、これの 対象はSBD(マクラスキー隊)のみ、他に装備しているなどは対象にならないようだ。 装備すると攻撃時にスキルボイスが聞けるという小ネタがある。 艦載機HPが140アップ。 効果が似た装備に 空母燃料タンクがある。 空母2隻以上使う際に航空機の足並みを揃える。 まとまって飛ぶことで敵の対空砲ダメージが分散して撃墜されにくくなる。 敵の対空砲試行回数が減り、さらに右端到達までの時間が短くなるのでダメージがアップする。 装填時間20秒なら0. 8秒短縮、25秒なら1秒短縮。 永続効果なので2回3回と攻撃するほど効果を実感できる。 時間差を作って攻撃することで有効打を増やせる。 翔鶴のスキル「 守護の鶴」など、発動後の攻撃に適用される効果は攻撃する順番が重要になる。 こうした場面でホーミングビーコンの短縮効果が役に立つはずだ。 詳しいことはこちらの記事を参照して欲しい。 戦艦の主砲や拡散範囲について検証している。 航空戦艦やを運用するなら交換したい装備だ。 他のには 瑞雲(ずいうん)が存在する。 あちらが搭載している爆弾よりもの1600lb爆弾は威力と攻撃範囲に優れる。 特に理由が無ければを優先していい。 に装備しているときは 潜水支援時と浮上後の後退時に発艦、航空ダメージも60%アップ。 ただし、に装備した時は 弾消し効果が無い。 戦艦ウォースパイト改の場合は1つ目の設備枠に装備できる。 対潜機は潜水艦と戦うときに便利だが、救援任務海域の攻略なら前衛艦にソナーとを用意してやれば十分間に合う。 これにコアデータ500支払うのは正直微妙だが、最近のイベントでは潜水艦セイレーンが登場しているため、コアデータに余裕があるなら1~2個交換しても良い。 無くても困らないがあれば攻速調整に使える。 仮に演習でMe-155を装備するなら、スカイロケットを装備したほうが 威力が高いので主力を削れるかもしれない。 この装備の利点は誰でも装備できること。 命中を上げたくてもSGレーダーは空母に装備できない。 その点で94式高射装置に分があった。 装備箱 装備箱T5は必ず金装備を入手できる。 装備箱T4は低確率で金装備を入手できる。 装備箱T3は金装備が出現しない。 当たりの金装備は以下の通り クロキッド:127mm連装両用砲MK12、BTD-1デストロイヤー、SGレーダー ヴィスカー:113mm連装高角砲、バーダ 重工:155mm三連装砲 クラップ:533mm四連装磁気魚雷、533mm五連装磁気魚雷 基本的に装備箱の交換優先度は低いが、設計図掘りが困難な「533mm四連装磁気魚雷」の数を揃えるためにクラップ装備箱を交換するのは有り。 まとめ 初心者がコアショップで最初に交換するものとしては戦艦か空母の装備がオススメ。 一式、ホーミングビーコン、(VF-17中隊)、 818中隊 は適当な強化で使っても特殊効果は変わらず機能する優れものだ。

次の

【アズレン】コアデータと効率的な入手方法について【アズールレーン】

アズレン コアデータ 入手

つい先日アズールレーンで 「コアデータ」なるものが実装されました! コアデータは 初登場の金装備や 過去イベントで手に入った虹装備、 金装備が確定で出るT5箱(黒箱)といった豪華な景品と交換できる神アイテムです。 しかし コアデータの入手手段は 一日三回限定のハード海域クリア報酬、 デイリー任務、 ウィークリー任務からの入手のみと 入手できる量に限りがあります。 コアデータ交換では一月ごとに景品が変更になり(3月半ばごろから実装されたので4月は例外的に変更なし)ますが、 一か月で景品全てと交換する量を稼ぐのは無理と公式からも発表されています。 貯めたコアデータはラインナップ変更後も持ち越せるかは不明ですが、とりあえず交換する品は よく考えて選ばないといけないということは確かですね。 九三式酸素魚雷 過去に行われた翔鶴・瑞鶴の先行実装イベントでイベントPtと交換出来た虹 設備。 虹装備故に強化は大変だが、装備すれば 最大で100もの雷装値が得られ、 おまけに装填値も少し伸びるというチート設備。 魚雷をメインウェポンとする艦娘にとっては必須ともいえる装備。 まだ持っていないなら最優先で取るべき装備。 そして既に 持っている人でも最優先交換候補になりえる。 それぐらい強い装備なのだ。 潜水艦は 魚雷が主な攻撃手段(当たり前ではあるが)で、酸素魚雷を装備出来るので酸素魚雷の重要性は更に増したと言える。 381mm連装砲改 待望の 攻速の早い榴弾戦艦主砲。 攻速が早いだけの戦艦主砲は今までもいくつも出てきたがどれも榴弾では無く、榴弾で早い主砲となれば410mm砲くらいしか選択肢が無かった。 戦艦主砲と榴弾(の炎上)はかなり相性が良く、 榴弾か否かだけで強い戦艦主砲かそうでないかが決まるほどなので、攻速と榴弾を両立したこの武器は フッド等の 砲撃がトリガーとなるスキルを持つ戦艦キャラにとって理想的ともいえる装備である。 ただしあくまでも攻速重視の戦艦主砲として見れば強いといったレベル。 406mm三連装砲MK6といった最適解とされる装備を超えるほどの威力は無い。 優秀と言えば優秀だが、弾種にガマンすれば攻速重視の主砲は他にもあるので、金装備枠としては後述の203mm3号よりは優先度が落ちる。 入手には 海域ドロップでの設計図以上に運が絡む上に 作成に必要な枚数も25枚と中々作るのは大変なのでコアデータで交換する意味もまだあるが、 コアデータでの交換以外の入手手段が増えたことにより交換優先度は少し落ちてきた。 試製203mm連装砲 3号 金装備としては初の 榴弾重巡砲。 榴弾重巡砲と特に相性の良いキャラは榴弾によって発生する炎上を強化するスキルを持つ 愛宕や、榴弾の通りがいい駆逐艦などに特効のある ドイッチュラントなど。 その他の特徴としては発射速度が高めなので全弾発射の回転率も高い。 ドイッチュラントは全弾発射も強いので、その点でも相性が良い。 ただし榴弾であること以外を見れば基本的な性能自体は以前からある金重巡砲の 203mmSKC連装砲の方が強い。 愛宕の指揮官なら必須とも言える けど、そうじゃないなら若干ピンポイント気味なので無理に取るほどのものじゃないと思う。 どれだけ強くなるかはわからないが、381改よりは優先度が上がったと思っている。 スカイロケット 見た目はゴツいが分類は 戦闘機。 最速の装填速度を誇った Me-155A艦上戦闘機を更に超える装填速度を持つが、Me-155A同様爆弾を積んでいないので敵艦に対する攻撃能力は低い。 ユニコーンや祥鳳、イラストリアスで装填速度を更に追い求めるなら欲しいが、大事なコアデータを使ってまで取るべきとは思えない。 メンタルユニット レベル100以上の艦娘に使うとレベル上限が上がるアイテム。 コアデータ35個でメンタルユニット100個と交換。 それが一か月で上限10回までなので 最大でコアデータ350で1000個のメンタルユニットと交換できる。 アズールレーンの戦闘においてはキャラのレベルはかなり重要な要素なのだが、 デイリーミッションや 委託、 任務や イベントで結構貰えるので、 使うキャラや順番をよく考えて使えばコアショップのメンタルユニットに頼らずとも十分やり繰りしていける。 更に キャラのレベルが上限に達していてもある程度経験値は上限解放用にストックされていくので、よほど攻略に行き詰まっているのでなければ急いで上限解放しないといけないわけでも無い。 個人的な見解としてコアショップのメンタルユニットは現時点(2018年5月)では 選択肢としてはアリだが、出来れば別のものにコアデータを回したいといったところ。 どうしてもコアデータを消費してでもメンタルユニットが欲しいなら、幸い100個単位で交換ができるので どうしても必要になったら必要な分だけ交換がいいかと思います T5装備箱 確定で金装備が出てくる。 金装備が確定で出てくるとはいえ 何が出てくるかは結局運。 酸素魚雷等のように 確実に目当てのものが交換出来て、更に装備箱から出てくるものより強力な景品が他にあるので、これをコアデータと交換するなら 本当にどうしても欲しい装備がある場合のみ候補になるだろう 正直それでもオススメは出来ないが T4装備箱 レートが違うとはいえ 確定で金装備の出てくるT5装備箱があるので交換する意味をあまり感じない。 コアデータは限られた数しか集められず、交換する品も5月には切り替わって無くなってしまう可能性があるので、しっかり考えて交換したいですね!.

次の