委細了解。 逆引き武士語『心得て候』☜「理解する」

わかりましたの正しい使い方と例文集「承知」など類義語の使い分け

委細了解

「了解・承知・了承」。 これらは同じ意味を持つ言葉ですが、皆さんはどのように使い分けていますか? 今回はメール作成時における「了解・承知・了承」の意味と用途を紹介します。 正しい用途をしっかりと理解し転職活動を一歩リードしましょう。 了解とは 日常生活において、もっとも使いやすいのが「了解」です。 しかし、上司や目上の人に対しては相応しくない言葉と言われています。 「了解しました」など「しました」を付けることにより丁寧な響きになりますが、あくまでも丁寧語であって謙譲語ではありません。 同僚や目下の人に使うのは問題ありませんが、ビジネスシーンでは十分に注意するようにしましょう。 転職活動でも同様です。 企業の面接担当者に対し「了解しました」と使うのは相応しくありません。 承知とは 「承知」はビジネスシーンで推奨されている言葉です。 上司や目上の人に対して自然に「承知しました」「承知いたしました」などの言葉が出てくるようにしましょう。 企業によっては入社時研修などで、これら謙譲語の利用を学ぶこともできるでしょう。 転職活動中も同様に「承知」は積極的に使うべき言葉です。 了承とは 「了承」は 何かを承諾するときに用いられる言葉です。 丁寧な言葉ですが、上司や目上の人に使うには相応しくありません。 「了承」は上司が部下に対して使うべき言葉と言われています。 ビジネスシーンでは「承知しました」「承りました」などで代用するようにしましょう。 転職活動でも企業の面接官に対し使うのは相応しくありません。 それぞれの利用シーンとは 「了解」 〇 部下から「出張のため次回の会議に参加できなくなりました」などのメールがあった場合、上司から「了解です」と返信をする。 「承知」 〇 上司から「次回の会議に参加してほしい」などのメールがあった場合、部下から「承知しました」と返信をする。 〇 お客様から「次回の納品を来月の15日にして欲しい」とメールがあった場合「承知いたしました」と返信をする。 「了承」 〇 上司やお客様に対して「〇〇の件、ご了承いただけますか」などと問いかける。 これまで紹介してきた注意点を踏まえて、正しく使えるよう心がければ、ビジネスシーンでの振る舞いも一つ安定したものとなるでしょう。 例文を参考にしつつ、習慣としていけることが重要です。 まとめ 今回は「了解・承知・了承」の意味と用途を紹介しました。 それぞれの意味と用途をしっかり理解し、就職活動や、転職活動。 そして社会人になってからも、正しい文書でメールを送るよう心がけましょう。 もまとめているので、転職を検討している方はぜひ活用してみてください。 また、TechAcademyは、積極的に情報集取を行い学習、成長していくビジネスマンの今後を応援しています。 そんな方々におすすめなのはIT業界でキャリアを描くこと。 IT業界は成長産業であり、上昇志向や成長志向のある人であれば幅広いチャンスを掴むことが可能です。 しかし、総合職であっても技術職とコミュニケーションが取れる人材が求められています。 TechAcademyにはIT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるというサービスがあります。 専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。 IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。 上司にメールを送る際、これで書き方があっているのか?と不安になることはありませんか?日常使うメールとは異なり、ビジネスメールには押さえておくべきマナーやルールがあります。 ここでは、上司に送信するメールを作成するにあたり、注意点や例文、書き方のNG例などを紹介していきます。 上司へのメールの場合の注意点 上司に送信するメールの注意点として、正しい敬語を使うことが大切です。 よく間違えやすい敬語としては以下の4つがあります。 これらは同僚相手なら構いませんが、上司に対する言葉遣いとしては失礼な印象に受け取られることがあるので避けるように注意しましょう。 また、メールを送る時間に関わる注意点として以下の2つを覚えておきましょう。 上司が休日のときに連絡をする場合 緊急性の高い事象が発生した場合、休日でも連絡をしなければならない時があります。 その際はメールの件名に「重要」「至急」など緊急度が高いことを表記しましょう。 また、メールの冒頭には休日に連絡することを謝罪する一文を忘れずに入れましょう。 返信を忘れてしまい、日をまたいでしまった場合 うっかり返信を忘れて日をまたいでしまった場合、相手を軽んじる言葉を使わない注意が必要です。 「忘れていました」「見逃していました」といった表現は避け、「失念しておりました」や「確認しそびれておりました」といった丁寧な表現を使うようにしましょう。 例文・テンプレート 上司に送るメールの例として、資料のアドバイスをもらうケースを例に紹介します。 お疲れさまです。 何卒ご確認の程、よろしくお願い致します。 上司に何かを依頼する場合、分かりやすく明確な内容にすることが大切です。 上司からいつまでに返答すればよいのか?など、逆に質問されないように、内容や期日をしっかりと明記しているか確認してからメールを送るようにしましょう。 [PR] IT企業を目指すための無料カウンセリング書き方のNG例 上司へのメールとして避けたい表現のNG例は次の通りです。 NG:【要回答】親睦会の出欠を返信してください。 OK:【予定伺い】親睦会の出欠はいかがなさいますか。 【要回答】はきつい印象を与える言葉です。 NG:返信がないのですが、メールを読んでくれましたか? NG:大至急回答してください。 返信に締め切りを要する場合は、相手に無理の無いようにすることが大切です。 とくに上司は日々多くのメールをチェックしなければならないことも多いため、急を要する場合は口頭で確認することも検討しましょう。 まとめ 上司や目上の方にメールをする際、多忙であることを念頭に置いて、分かりやすく明確な内容にすることが大切です。 また、ビジネスメールは口頭と比べると冷たい印象に受け取られがちです。 上司と良好な関係を築くためにも、上から目線の表現にならないように、正しい敬語の使い方などしっかりと確認するように心がけましょう。 IT業界でおすすめの転職サイト・エージェントもまとめているので、転職を検討している方はぜひ活用してみてください。 また、TechAcademyは、積極的に情報集取を行い学習、成長していくビジネスマンの今後を応援しています。 そんな方々におすすめなのはIT業界でキャリアを描くこと。 IT業界は成長産業であり、上昇志向や成長志向のある人であれば幅広いチャンスを掴むことが可能です。 しかし、総合職であっても技術職とコミュニケーションが取れる人材が求められています。 TechAcademyにはIT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。 専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。 IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。 ビジネスマナー ビジネスメールを作成するときに、承諾の意志を伝えることは意外と多いものです。 今回は、承諾メールを作成するときのポイントや使えるフレーズをまとめてみました。 ぜひ、承諾メール作成時の参考にしてみてください。 承諾メール基本の構成とポイント メールでやり取りをする上で相手に承諾の意志を伝える承諾メールは、送信する相手に合ったフレーズを使うことがポイントです。 とくに、使用頻度の高い次の3つのフレーズは使い分けることができるようにしましょう。 了解いたしました 「了解」に「いたしました」をつけたこのフレーズは丁寧語です。 そのため、顧客や上司に向けて使用することはできません。 同僚や目下の人に承諾を伝えるときに使用することができます。 承知いたしました このフレーズは承諾の意志を伝える尊敬語となります。 そのため、上司や顧客など幅広い層に使用することが可能です。 了承いたしました 「それでいいですよ」という意味合いとなるフレーズで、目上の人が目下の人に承諾の意志を伝えるときに使用することができます。 また、承諾メールは感謝の気持ちを伝えてから、前向きな姿勢で承諾の意志を伝えることが基本です。 依頼を承諾するような場面でも、今後の関係性も考えてできる限り丁寧に対応するといいでしょう。 微力ながら精一杯サポートいたしますので、なんなりとお申し付けください。 承諾の意志を伝えることと同時に「微力ながら」というビジネスフレーズを使用しているところがポイントです。 「微力ながら」は自分の能力をへり下って伝えることができる表現で、前向きな姿勢を伝えたいときに使用することができます。 この度は、講演会のご提案を頂き誠にありがとうございます。 ぜひ、直接お会いしてお話をさせて頂きたく存じます。 承諾をする内容に対して感謝の気持ちを述べてから、承諾の意志を伝えている例文です。 依頼や提案を受けるときに便利なフレーズです。 お世話になっております。 日程調整の件、わざわざご連絡ありがとうございました。 調整が難しいとのこと、確かに承りました。 相手の断りを承諾する場合でも、まずはわざわざ連絡をしてくれたことに感謝の気持ちを伝えます。 その後に、承諾の意志を簡潔に伝えるといいでしょう。 [PR] IT企業を目指すための無料カウンセリング書き方のNG例 承諾メールのNG例としてもっとも多いのは、送る相手に合わせたフレーズを使えていないことです。 例えば「明日の会議の時間変更の件、了承いたしました」というメールを上司に送ることはできません。 また、同じように「先日のご依頼の件、了解いたしました」というフレーズも取引先の人に向けて送ると、失礼にあたります。 承諾メールでは、相手に合わせたフレーズを選ぶということが重要です。 まとめ 今回は、承諾の意志を伝えたいときに使えるビジネスメールのフレーズやポイントについてまとめてみました。 承諾の意志をメールで伝える場面は意外と多いもの。 メールを送信する相手に合ったフレーズを選ぶことがもっとも重要です。 特に、使用頻度の高い「承知いたしました」や「了解いたしました」「了承いたしました」は使い分けることができるようにしておきましょう。 あわせて、感謝の気持ちや前向きな気持ちを織り交ぜながら一緒に送ることができると、よりイメージのいいメールを作成することができます。 また、TechAcademyは、積極的に情報集取を行い学習、成長していくビジネスマンの今後を応援しています。 そんな方々におすすめなのはIT業界でキャリアを描くこと。 IT業界は成長産業であり、上昇志向や成長志向のある人であれば幅広いチャンスを掴むことが可能です。 しかし、総合職であっても技術職とコミュニケーションが取れる人材が求められています。 TechAcademyにはIT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。 専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。 IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。 キャリア・転職 「何を書けば良いか分からない」「失礼な文書になっていないか」と不安になりがちな、昇進などのお祝いメール。 今回は社内で昇進した上司へ送る、お祝いメールの基本と書き方のポイントを紹介します。 頻繁に送るメールではありませんが、いざ上司が昇進した時にスムーズにお祝いメールを送れるよう、社会人の方も、就職活動中の方も、ぜひ参考にしてみてください。 お祝いメール基本の構成とポイント まずは、お祝いメールの構成を理解しましょう。 基本的なお祝いメールは、下記で構成されています。 宛名 挨拶 お祝いの言葉 エピソードや実績 気遣いの言葉 結びの挨拶 冒頭は基本となる宛名と挨拶です。 ビジネスメールの基本となる部分です。 続いて、昇進に対するお祝いの言葉、相手とのエピソードと気遣いの言葉を簡潔に綴り、結びの挨拶へと続きます。 次の項目では、実際にメールを送る際の例文を紹介します。 例文・テンプレート <件名>ご昇進おめでとうございます。 〇〇様 お疲れ様です。 この度は、課長への昇進おめでとうございます。 私が入社したときから、〇〇さんには、目をかけていただき感謝しております。 いつも〇〇さんの背中を追いかけ、仕事に取り組んでおりました。 これからも、〇〇さんを目標とし、私自身、成長していきたいと思います。 これから、ますますお忙しくなると思いますが、 お身体を大切に一層の活躍を祈念いたします。 取り急ぎ、メールにてお祝い申しあげます。 本文中は「さん」でも問題ありません。 また部署が異なる場合は、相手の部署名も記載すると良いでしょう。 [PR] IT企業を目指すための無料カウンセリング書き方のNG例 昇進をお祝いするメールですので、自分自身の感謝の気持ちを素直に綴るようにしましょう。 しかし、あくまでビジネスメールですので、親しい上司に対しても、しっかりと敬語を使いメールを送りましょう。 フランクすぎるメールはNGです。 <件名>祝・昇進おめでとうございます! 〇〇さん お疲れ様です。 課長へ昇進したと聞きました。 おめでとうございます! 自分が入社した時から、面倒見ていただき感謝してます。 いつも〇〇さんの背中を追いかけてましたよ! これからも目標にします(笑) 今まで以上に忙しくなると思いますが、 身体には気を付けて!お互い頑張りましょう。 必ずメールを送る機会は訪れますので、ぜひ頭の中に入れておいていただければと思います。 正しいお祝いメールを送ることができれば、その後の上司との関係も良好なものになりそうですね。 IT業界でおすすめの転職サイト・エージェントもまとめているので、転職を検討している方はぜひ活用してみてください。 また、TechAcademyは、積極的に情報集取を行い学習、成長していくビジネスマンの今後を応援しています。 そんな方々におすすめなのはIT業界でキャリアを描くこと。 IT業界は成長産業であり、上昇志向や成長志向のある人であれば幅広いチャンスを掴むことが可能です。 しかし、総合職であっても技術職とコミュニケーションが取れる人材が求められています。 TechAcademyにはIT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。 専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。 IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。 ビジネスマナー ビジネスシーンでも日常的に使われる「お疲れ様」と「ご苦労様」。 似ている言葉ですが、ビジネスシーンで誤用してしまうとマナー違反になってしまうので注意したい言葉です。 相手に失礼の無いように、「お疲れ様」と「ご苦労様」の違いを知って対応しましょう。 「お疲れ様」を使う場面と相手 「お疲れ様」はビジネスシーンでの挨拶としても日常によく使われる言葉ですが、ビジネスマナー上では一般的に部下のような目下の者が上司等の目上の者に対して使うのが正しいルールです。 仕事に従事している、または終業時刻をすぎても職場に残っている上司や同僚等に対して「ねぎらいの言葉」として使用されます。 しかし、本来の正しい使い方としては、「お疲れ様」も「ご苦労様」も目上の者から目下の者に対して使われるねぎらい言葉。 したがって、旧来の意味としてはどちらの言葉も目下から目上に対しての使用するのは失礼になりますので、中には「お疲れ様」を目下が使用することも失礼と考えている人もあり、社内の人に使うことは控えたほうがよい表現です。 「ご苦労様」を使う場面と相手 「ご苦労様」は、目上の者から目下の者に対してねぎらいの気持ちを伝えるときに使用されるのが一般的な言葉。 注意したいのは、「ご苦労様」は「苦労をかけて申し訳ない」という上の立場からの表現としての意味で相手に取られやすく、目下のものが使うと「君に言われる筋合いは無い」のように相手の心象を悪くする可能性が高いです。 つまり、上司等に対して「ご苦労様です」という言葉をかけることはビジネスマナー上はマナー違反の行為となり、失礼になります。 [PR] IT企業を目指すための無料カウンセリング普段はどちらを使うべきか ビジネスマナーの1つの基準ともいえる「秘書検定」においても、目下から目上に対しては「お疲れ様」、目上から目下に対しては「ご苦労様」を使うのが正しいとされています。 また、文化庁の国語に関する世論調査(平成27年度)によると、仕事後にかける言葉として自分より階級が上の人間の場合に「お疲れ様」と声をかけるのが76. 0%、「ご苦労様」が8. 8%という回答となり、自分より階級が下の人間の場合でも「お疲れ様」が61. 4%、「ご苦労様」が28. 4%という結果となっています。 したがって、上司や部下などの立場を考えずに普段から使用するのならば、「お疲れ様」を使えば無難といえるでしょう。 ビジネスメールにおいても考え方は同じですが、「お疲れ様」や「ご苦労様」は社内でのみ使用するのが基本です。 余程付き合いがある相手以外では、例えねぎらいの気持ちを伝えたいときでも使用するのは控え、「お世話になっております」などで言い換えましょう。 まとめ 日常的に何気なく使われる言葉でも、正しいマナーを知って使い分けをしなくては知らないうちに失礼を重ね、相手の心象を悪くしてしまいます。 取引先に対してのマナーも重要ですが、「お疲れ様」や「ご苦労様」のように社内で使われるマナーも知ってビジネスパーソンとして失礼の無いようにしましょう。 IT業界でおすすめの転職サイト・エージェントもまとめているので、転職を検討している方はぜひ活用してみてください。 また、TechAcademyは、積極的に情報集取を行い学習、成長していくビジネスマンの今後を応援しています。 そんな方々におすすめなのはIT業界でキャリアを描くこと。 IT業界は成長産業であり、上昇志向や成長志向のある人であれば幅広いチャンスを掴むことが可能です。 しかし、総合職であっても技術職とコミュニケーションが取れる人材が求められています。 TechAcademyにはIT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。 専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。 IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。 ビジネスマナー 上司や取引先、お客様へ感謝の気持ちを伝えるお礼メールはビジネスメールとして欠かすことができません。 今回は、お礼メールの基本やポイント、例文などをまとめてみました。 ぜひ、実務での参考にしてみてください。 お礼メール基本の構成とポイント 取引先やお客様、上司への感謝の気持ちを伝えるお礼メールは、タイミングが重要です。 お礼をしたい打ち合わせや会議が午前中にあった場合はその日の夕方までに、昼からの場合には、翌日の午前中までには送信するように心がけましょう。 まだ打ち合わせなどの余韻が残っているうちに送信することで、人柄をアピールすることができます。 お礼メールは、感謝の気持ちを伝えることがもっとも重要です。 また、そのときに具体的なエピソードや前向きな姿勢などを添えるとより好印象を与えることができます。 例文・テンプレート いつもお世話になっております。 昨日は、食事会にお招き頂きありがとうございました。 機会がありましたら、ぜひお返しなどさせていただければ幸いです。 今後ともよろしくお願いいたします。 取引先の食事会や飲み会に参加したときに送るお礼メールの一例です。 まずは、真っ先に感謝の気持ちを伝えましょう。 その後に、具体的なエピソードやまた一緒に食事会をしたいといった前向きな気持ちを述べることで、好印象を与えることができます。 おはようございます。 昨晩は、お忙しいところ打ち合わせに同行して頂きありがとうございました。 帰りにご指導いただいた打ち合わせのポイントはノートにまとめて、 次回からいかせるようにして参ります。 今後とも変わらぬご指導をよろしくお願いいたします。 上司に打ち合わせや営業に同行してもらった場合に送るお礼メールの一例です。 感謝の気持ちと勉強になったポイントを簡潔にまとめることで、前向きな姿勢を伝えることができます。 [PR] IT企業を目指すための無料カウンセリング書き方のNG例 お世話になっております。 昨日は、素敵な食事会にお招き頂きありがとうございました。 取り急ぎご連絡まで。 思わず使いたくなる「取り急ぎご連絡まで」や「取り急ぎお礼まで」といった締めくくりの言葉は改まった相手に使用することはNGです。 できるだけ丁寧で誠意を見せられる言葉遣いを選びましょう。 まとめ 今回は、感謝の気持ちを伝えるお礼メールの基本や例文などをまとめてみました。 お礼メールはタイミングが大切です。 できるだけ早く感謝の気持ちを伝えるメールを送信できるといいでしょう。 パソコンが使用できない場合は、携帯電話のメールでも問題ありません。 また、お礼メールを送るときは感謝の気持ちと併せて、具体的なエピソードや前向きな姿勢を伝えます。 こうすることで、普段の業務ではなかなか伝わらない人柄をアピールすることが可能です。 IT業界でおすすめの転職サイト・エージェントもまとめているので、転職を検討している方はぜひ活用してみてください。 また、TechAcademyは、積極的に情報集取を行い学習、成長していくビジネスマンの今後を応援しています。 そんな方々におすすめなのはIT業界でキャリアを描くこと。 IT業界は成長産業であり、上昇志向や成長志向のある人であれば幅広いチャンスを掴むことが可能です。 しかし、総合職であっても技術職とコミュニケーションが取れる人材が求められています。 TechAcademyにはIT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。 専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。 IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。 ビジネスマナー ケガや病気、災害や事故など、相手を励ます気持ちを込めてお見舞いのメールを送るときがあります。 ビジネスシーンにおいては、送る相手が上司や目上の方の場合、失礼がないようにマナーに気をつけてメールを作成することが大切。 ここではビジネスメールの書き方として、お見舞いメールについて紹介していきます。 お見舞いメール基本の構成とポイント ビジネスメールの場合、時候の挨拶などの前文をつけるのが一般的ですが、お見舞いメールの場合は省略します。 余裕のある態度でメールを送っていると感じさせないように、すぐに本題に入るのがポイントです。 本題としては、「相手を思いやる気持ち」や「援助を申し出る」、「相手の立場を理解し、励ましの言葉を述べる」といったことをベースに、相手のことを考えた内容の文章を作成しましょう。 例文・テンプレート お見舞いメールの例として、病気で入院している上司へ向けたメールの例文(本文のみ)を紹介します。 日ごろよりご多忙でいらっしゃったので、 無理をなさっていたのではないかと心配しております。 その後、お加減はいかがでしょうか。 お仕事が気にかかることとは存じますが、 ここしばらくは健康回復につとめられ、 一日も早く退院なさいますことをお祈り申しあげます。 尚、ご返信はお気遣いないようお願いいたします。 近いうちに病院へお伺いしたく存じますが、取り急ぎメールにてお見舞い申し上げます。 特に仕事上の付き合いであるため、業務が問題ないことや返信が不要なことを記載して、相手に配慮した形式を心がけましょう。 [PR] IT企業を目指すための無料カウンセリング書き方のNG例 お見舞いメールの内容としてふさわしくないNG例を紹介します。 病状にふれる内容 病状や病名には必要以上にふれないようにしましょう。 病状が悪いほど人には言いたくないものです。 相手の気持ちを汲んだ内容にすることが大切です。 追伸は使わない 追伸は重なるイメージがあるため、お見舞いメールとしてはふさわしくありません。 同じように、「ますます」や「いろいろ」、「たびたび」や「次々」など繰り返す言葉も避けましょう。 まとめ 病気やケガなどはいつ起きるか予想することはできません。 いつでも対応できるようにお見舞いメールの書き方を覚えておくとよいでしょう。 ビジネス上の付き合いがある相手には、仕事のことは心配しなくて済むようなひと言を添えるなど、相手の気持ちに寄り添った内容にするとよいでしょう。 弱っている相手にとって、お見舞いメールは自分を気遣ってくれているという気持ちが伝わり、嬉しくもあり、前向きな気持ちになれるきっかけになります。 マナーを守って正しく相手に気持ちが伝わるようなメールを送ることが大切です。 IT業界でおすすめの転職サイト・エージェントもまとめているので、転職を検討している方はぜひ活用してみてください。 また、TechAcademyは、積極的に情報集取を行い学習、成長していくビジネスマンの今後を応援しています。 そんな方々におすすめなのはIT業界でキャリアを描くこと。 IT業界は成長産業であり、上昇志向や成長志向のある人であれば幅広いチャンスを掴むことが可能です。 しかし、総合職であっても技術職とコミュニケーションが取れる人材が求められています。 TechAcademyにはIT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。 専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。 IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。 ビジネスマナー.

次の

わかりましたの正しい使い方と例文集「承知」など類義語の使い分け

委細了解

目上の人と話すときは「承知しました」「かしこまりました」を使用する• 目上の人に「了解しました」「了承しました」は使ってはいけない• 同僚や部下に対してはどれを使ってもOK• 「了解いたしました」は本来であれば失礼にあたらないが、目上の人に使わないのが無難 「了解、承知、了承、かしこまりました」の違いを理解しよう 「わかりました」の意味合いで使う「了解しました・承知しました・了承しました・かしこまりました」。 これらの敬語は、使い方を間違えると失礼に当たることもあります。 ビジネスシーンでは日常的に使うからこそ、失礼がないように使い分けたいですよね。 では、それぞれの敬語の意味を正しく理解しましょう。 1.了解しました まずは「了解しました」の意味について確認しましょう。 よく耳にする「了解しました」ですが、実は目上の人に使ってはいけないということをご存知でしょうか。 【了解の意味】事情を思いやって納得すること、理解すること、のみこむこと• 【敬語の種類】丁寧語(聞き手に対して丁寧に話す言葉)• 【適切な相手】同僚、目下の人• 【不適切な相手】上司、取引先などの目上の人には使わない方が無難 「了解しました」の意味・使い方 了解の意味は、「事情を思いやって納得すること」「理解すること」「のみこむこと」。 「わかりました」という意味で使っている方も多いのではないでしょうか。 「了解しました」は目上の人には使うべきではない敬語 ビジネスでもプライベートでもよく耳にする言葉ですが、「了解しました」「了解いたしました」は、一般的に取引先や上司に対して使うことはNG。 同僚もしくは目下に対して使う言葉とされています。 混乱させてしまうかもしれませんが、厳密にいうと「~いたす」が付いた「了解いたしました」は、目上の人に対しても失礼な言葉ではありません。 「了解しました」は「分かりました」と同義であり、「~いたしました」と付けることで充分に敬語として使うことが可能です。 文法上は特に失礼ではない「了解いたしました」ですが、目上の人や取引先相手に使わないほうがいい理由は、要らぬ軋轢(あつれき)を避けるリスクヘッジのためです。 「了解いたしました」自体は本来、目上・目下にも使えるフラットな表現であるにも関わらず、2000年代後半からビジネスマナー書やビジネスメールの指南書において「了解いたしましたを、目上の人、取引先相手に使うのは不適切」という記述が現れ始めました。 その理由としては、「敬意が感じられない」「軍隊・警察のようだ」「ぶっきらぼうに感じられる」などが挙げられていますが、明確なことは分かっていません。 ともあれ、これらのビジネスマナー書やビジネスメールの指南書によって、一定数のビジネスパーソンが「了解=目上の人、取引先相手に使うのは不適切」と認識しているのが現状です。 一定数の人が「了解=目上の人、取引先相手に使うのは不適切」と認識している以上、「了解」という言葉を含む「了解しました」「了解です」「了解いたしました」は、目上の相手や取引先での使用は 避けたほうが無難なのです。 「了解いたしました」は丁寧な言葉ではありますが、目上の人や取引先相手に話す際には 「了解」を含む言葉の使用は控えたほうが、無用な心配をせずに済むでしょう。 ただし、自分に対して「了解しました」「了解いたしました」が使われたからといって、後輩を怒ったり取引先の評価を下げたりするのは、賢い行動ではありません。 繰り返しになりますが、「了解」を含む表現が失礼とされたのは近年の怪現象であり、本来は「了解=同僚や目下の人に向けた言葉」ではないことを念頭においておきましょう。 まずは自分が他人に強要しないことが、過剰なビジネスマナーを変える第一歩です。 どうしても同僚や部下に注意する必要がある場合は、「間違いではないけど、不必要なリスクは避けたほうがいいよ」といった言い方が望ましいでしょう。 「了解いたしました」は、目上相手に対して失礼な言葉ではない• 目上の人・取引先相手と話す際は、「了解」を含む言葉の使用は控えるほうが無難• ビジネスマナー書・ビジネスメールの指南書によって、一定数の人が「了解=目上の人、取引先相手に使うのは不適切」と認識 「了解しました」と「了解いたしました」の違い この2つには、どのような違いがあるのでしょうか。 【「了解しました」と「了解いたしました」の違い】 了解しました:丁寧語 了解いたしました:謙譲語 目上の人に使うときは謙譲語である「了解いたしました」が望ましいです。 しかし、前述の通り「了解」という言葉自体に「目上の人には使ってはいけない」という暗黙の認識があるので、いずれにせよ目上の人には使わないのが無難です。 「了解しました」の使用シーン・相手 ではいったい、「了解しました」はどのようなシーンで使用すればよいのでしょうか。 答えは、同僚や後輩など、 目上の人でない相手に対して使用します。 繰り返しになりますが、上司、取引先などの目上の人には使わない方が無難です。 2.了承しました 「了解しました」と字面が似ている「了承しました」、こちらも目上の人に使うのはNGです。 意味や使い方、なぜ目上の人に使ってはいけないのかなど、気になるポイントを説明していきます。 【了承の意味】相手の申し出や事情などを納得して承知すること• 【敬語の種類】丁寧語• 【適切な相手】部下などの目下の人• 【不適切な相手】上司、取引先などの目上の人 「了承しました」の意味・使い方 「相手の申し出や事情などを納得して承知すること」という意味の「了承」。 ビジネスシーンで耳にする「了承しました」は、何かを「 承諾」したときに使う言葉です。 「了承しました」は丁寧に聞こえるが、目上の人には使わない 「了承しました」は「 それでいいですよ」という意味合いになるため、目上の人が部下などに対して使うのが適切です。 取引先や上司など、目上の人に対して使う言葉としては不適切だといえます。 相手の発言に納得して承知する場合、お客様へは「かしこまりました」を使い、目上の人や上司に対しては「承知しました(承りました)」を使うのが、無難な対応です。 なお、「了解いたしました」と同様に、了承に「~いたす」を付けて「了承いたしました」としても謙譲語としては充分なのですが、「了解」の項目で述べたように、 不適切に感じる人が一定数いることを踏まえて言葉を選びましょう。 「了承しました」の使用シーン・相手 では、「了承しました」はいつ誰に使えばよいのでしょうか。 相手の申し出や事情などを納得して承知したときに、同僚や後輩に対して使います。 上司、取引先などの目上の人には使わないよう、お気をつけください。 3.承知しました(承りました) 「承知しました」は、「了解」「了承」と異なり、 目上の人に使っても失礼とされない言葉です。 その意味や、使い方について説明します。 無理を承知でお願いする• 君の言うことなど百も承知だ• 事の経緯を承知しておきたい 「承知しました(承りました)」はビジネスシーンでの適切な表現 上記のような使い方をする「承知」ですが、「了解しました」に代わり、ビジネスシーンでは「承知しました(承りました)」を使うことが無難とされています。 「承知しました(承りました)」は謙譲語であるため、取引先や目上の上司に対しても使える言葉なのです。 似たような言葉である「承りました」もビジネスシーンで用いるのに適しています。 「了解いたしました」ではなく、「承知しました(承りました)」のほうがベターということを覚えておきましょう。 「承知しました」の使用シーン・相手 ビジネスシーンにおいて使う頻度が多い「承知しました(承りました)」は、依頼を受けたり、話を理解したという旨を相手に伝えたりするときに用います。 上司に仕事の指示を受けた後などに「承知しました(承りました)」と自然に言葉に出るのが望ましいです。 また、同僚や後輩などに対して使っても違和感のない言葉ですので、 誰に対しても「承知しました」で統一して返事すると間違いが起きにくいでしょう。 4.かしこまりました 「了解しました」「承知しました」よりも耳にする頻度は低いかもしれませんが、「かしこまりました」もビジネスシーンで目上の方相手に使うことが出来ます。 意味や使い方について説明します。 【かしこまるの意味】目上の人の言葉をつつしんで承る。 依頼や指示などを承諾する• 【敬語の種類】謙譲語• 【適切な相手】上司、取引先などの目上の人 「かしこまりました」の意味・使い方 「承知しました」と同様に、お客様や目上の人、上司などの依頼や指示に「わかりました」と返事するときに用いる敬語「かしこまりました」。 相手の話や情報を理解したといった意味合いで使用される「承知しました」と比較し、「かしこまりました」は、お客様や目上の人、上司からの 依頼や命令などを承る意味合いで使われます。 似たような意味の2つの言葉ですが、状況によって使い分けできると良いでしょう。 「かしこまりました」はビジネスシーンでも使える丁寧な表現 「かしこまりました」は目上の人の言葉をつつしんで承る、依頼や指示などを承諾するといった意味の謙譲語。 上司、取引先などの目上の人と話すときにぴったりの言葉です。 「かしこまりました」の使用シーン・相手 先述の通り、目上の人から何かを依頼され、それを承る際に使うと良いでしょう。 上司や取引先などの目上の相手に使います。 逆に、かしこまった言い方のため、 同僚や後輩に使うには少し距離感を覚える表現かもしれません。 「了解、承知、了承、かしこまりました」最もビジネスシーンに適切な敬語とは? 上述した敬語の意味の違いをまとめると、ビジネスシーンでの活用に適切なのは「承知しました(承りました)」「かしこまりました」です。 「承知しました(承りました)」「かしこまりました」は、お客様や目上の人、上司に対して使える言葉。 逆に、「了解しました」「了承しました」は目上の人に対して使うにはふさわしくない言葉ですので、注意しましょう。 「承知しました(承りました)」「かしこまりました」は目上の人に使っても問題がない• 「了解しました」「了承しました」は避けるのがベター 「了解、承知、了承、かしこまりました」の例文を確認してみよう 「使い分けがまだすこし心配だな……」というあなたは、具体的な例文を見ながら「了解、承知、了承、かしこまりました」の違いを見ていきましょう。 どの相手にどの言葉を使っているのか、「相手」を基準にして考えると使い分けがしやすいですよ。 「了解いたしました」は不適切ではないですが、上述のとおり、リスクを避ける点で使わないほうがベターです。 こちらも同様、「了解いたしました」は間違いではないのですが、「了解=目上の人に使わない」というイメージが強いため、「失礼なやつだ」と思われる可能性があります。 「かしこまりました」または「承知しました」で代用するのが吉です。 「了承」は目上の人に使ってはいけない言葉なので、たとえ「了承いたしました」と謙譲語に変えたとしてもNG。 失礼にあたるので、使用は控えましょう。 このようなシーンでは、「承りました」「承知しました」を使うのが正解。 上司に対しても同じことがいえます。 最後に、あわせて知っておきたいビジネスシーンで使われる言葉についての関連記事を紹介します。 英語で「了解しました」はなんていう? 英語のビジネスメールで使えるフレーズ集 ビジネスの場面で、英語で「了解しました」はどのように言うのでしょうか。 「OK」「I see」以外にも、様々な表現があります。 英語を使う職場の場合は、いろいろな表現を覚えておいて損はないので、是非チェックしてみてください。 ビジネスシーンでは「承知しました」「かしこまりました」が最適• 「了解しました」「了解いたしました」は本来であれば目上の人に使っても失礼には当たらない• 「了解=目上の人に使ってはいけない」と誤認されているため、上司、取引先、お客様相手には使わないほうが無難• 「了承しました」は部下に対して使う 本記事では「了解しました・承知しました・了承しました・かしこまりました」の意味や利用シーン、使う相手について説明してきました。 特に、「了解しました」「了承しました」は、「了解」「了承」という言葉に「目下の人に使うもの」というイメージがあるため避けることがおすすめです。 上司や取引先の方と話すときは、「承知しました」「かしこまりました」を使うようにしましょう。 また、「かしこまりました」や「承りました」はかなり丁寧な言い方のため、同僚や部下に使うとよそよそしいと距離を感じられるかもしれません。 会話の相手によって言葉を使いわけ、ビジネスシーンで違和感のない言葉遣いをマスターしましょう。

次の

わかりましたの正しい使い方と例文集「承知」など類義語の使い分け

委細了解

ビジネスシーンでは、取引先からの依頼や上司からの指示を受ける場面が毎日のようにあると思いますが、みなさんはどう返答していますか? 今回は、「分かりました」という気持ちを表現する言葉の正しい使い方について調べてみました。 後者は、特別な条件下で用いるものなので、一般的なビジネス用語として使われるのは、前者になるでしょう。 「する」の丁寧語が「します」、その過去形が「しました」ですから、「了解しました」=「理解 することが完了 しました」という意味の丁寧語ということになります。 故に、同僚や目下の人に対して使う言葉であって、取引先や目上の人に使うのは失礼にあたりますので、注意が必要です。 では、取引先や目上の人に対しては、どのような言い方が正しいのでしょうか。 これは、「承知する」という言葉が「わかる 了解する 」の謙譲語だからです。 ちなみに、「承知しました」よりも「承知いたしました」とした方がより丁寧に感じるかもしれませんが、「承知する」がすでに謙譲語であることから、「する」を「いたす」という謙譲語に変換せずとも、失礼にあたることはありません。 「了解しました」は同僚や目下の人に対して使うべき言葉だと説明しましたが、調べてみたところ、「する」の謙譲語が「いたす」であることから、「了解いたしました」であれば、取引先や目上の人に対して使っても、本来問題はないのだそうです。 しかしながら、一方で、「了解いたしました」は使うべきではないとされており、多くの企業が、「了解いたしました」よりも「承知しました」の方を使用するよう、指導しています。 実際、ビジネスシーンで「了解いたしました」を使っている人が少ないのも、事実です。 目上の人に対しての「了解しました」がNGとされていることで、いつの間にか「了解」という言葉自体が失礼にあたるという風潮が出来上がってしまったのかもしれません。 また、そもそも受け取る側が誰であれ、「了解」よりも「承知」の方が良い印象を与えることができるように思います。 例えば、部下に「3時までにコピーしておいて」と指示した場合に、「了解いたしました」と返されて怒る人はいないと思いますが、自分が一般客という想定で、「金曜日の夜から2泊でお願いしたいのですが」とホテルに予約の電話を入れた時に、「了解いたしました」と言われたらどうでしょうか。 「了解いたしました」は間違いではないかもしれませんが、相手やシチュエーションによっては失礼な言葉と受け止められる可能性がある以上、ビジネスの世界では使うべきではないとされ、「承知しました」の方を推奨しているのです。 端的に言えば、「承知しました」の方が無難だということです。 了解しました」 ・「了解しました。 先方にその旨連絡しておきます」 目上の人に対して ・「承知しました。 飛行機の手配はお任せ下さい」 お客さまに対して ・「明日2名様ですね。 承知いたしました」 ・「承知しました。 では、在庫を確認して参ります」 「分かりました」という気持ちを表す言葉はほかにもありますが、相手やシチュエーションによって、その形は変化します。 まずは、「了解しました」は同僚や目下の人に、取引先や目上の人には「承知しました」を使うということを、覚えておくと良いでしょう。 予めご了承ください。 関連記事•

次の