セゾン 自動車保険 安い。 安い!?50代の自動車保険の保険料相場~おすすめの自動車保険は?

「今後に不安が残る…」セゾン自動車火災保険の口コミ評判と特徴まとめ

セゾン 自動車保険 安い

大手損保(代理店型損保) ネット損保(ダイレクト型損保) 東京海上日動 ソニー損保 損保ジャパン イーデザイン損保 三井住友海上 セゾン自動車 あいおいニッセイ同和損保 セコム損保 JA共済 SBI損保 共栄火災 チューリッヒ 日新火災 三井ダイレクト損保 アクサダイレクト 楽天損保 あなたのタイプ別におすすめを公開 安心を求めるなら「大手損保」の自動車保険 大手損保の強みは、 事故対応力の高さや 気軽に相談できる代理店にあります。 「安心」を求める方は、保険料は高いですが大手損保がおすすめです。 安さを求めるなら「ネット損保」の自動車保険 ネット損保の強みは、 保険料の安さです。 「安さ」を求める方は、ネット損保がおすすめです。 契約内容に悩みがあれば気軽に相談できますし、事故に遭ったときは駆けつけてくれることもあります。 ネット損保との大きな違いは、 「1時間以内でどこにでも出向く体制」が築かれてる点ですね。 これを証明するように、 多くの大手損保が顧客満足度ランキングで上位に食い込んでいます。 大手損保へ加入するにあたっては、 「この保険料の差を安心の対価」と考えられるか?が大きなポイントとなります。 実際に事故が起きたときのことを考えると、 私は十分な対価関係が築かれていると思います。 これは感じ方次第です。 「本当に必要な補償がなにか?」を営業が理解せずに、本気で過剰な契約を勧めている場合もあります。 とはいえ、こちらが契約内容を決めていれば否定する営業はいません。 しっかりと 自分のなかで「この補償に入ろう!」と決めたうえで話をしましょう。 以下の記事では、自動車保険の「補償内容選びの鉄則」を解説しています。 簡単に「最適な自動車保険」をわかるようになっているので、是非ご覧ください。 更に言うと、走行距離別の保険料体系が採用されているなど、 保険料に対する納得感があるのも特徴です。 大手損保では、営業がそこを丁寧に説明してくれますが、ネット損保ではそうはいきません。 とはいえ、適当に入ることほど危険なことはありませんので、 しっかりと自動車保険の知識を仕入れたうえで加入しましょう。 以下の記事では、自動車保険の「補償内容選びの鉄則」を解説しています。 簡単に「最適な自動車保険」をわかるようになっているので、是非ご覧ください。 「面談体制」の構築にはかなりのお金がかかるので、保険料を安くするために「節約」しているんです。 ただ、示談交渉の被害者対応は非常にセンシティブです。 そのため、相手の性質に応じて 示談担当者が機動的に動ける体制がないと、示談で揉めてしまう可能性が非常に高まります。 それを証明するように、ネット損保には 顧客満足度ランキングで下位の自動車保険が多いです。 ネット損保を利用して保険料を安くしたいなら 折角ネット損保を利用するのであれば、その強みである「保険料の安さ」を大いに活用すべきです。 ただ、保険料を安くするには ネット損保のどこでもいい訳ではなく、ちょっとしたコツがあります。 自動車保険によって5万円の保険料の差 「全く同じ条件」であっても、 各社によって保険料に5万円ほども差が出ます。 つまり保険料を安くしたいなら、 全ての保険料を見積もって安いところを探すのが一番なんです。 かと言って、一社ずつ見積もるのは膨大な時間が掛かります。 安い自動車保険を探すなら「一括見積もり」 そこで、保険料を節約するために効率的なのが 一括見積もりサイトです。 私も毎年利用しており、知人にもおすすめしています。 ぜひ使ってみてください。 5分で完了できる• 20社の保険料を一気に見積もれて比較ができる• 勧誘電話がこない もっと詳しく知りたい方へ 以下の記事では、 考え得る限りの「保険料を安くする方法」を10個もリストアップしています。 保険料を安くする方法について、もっと詳しく知りたい方はご覧ください。 本格的に自動車保険を比較したいなら また、自動車保険会社を忖度なしでランキング化した記事も書いてます。 もっと本格的に自動車保険を考えたい方は、この記事も併せてどうぞ。 おすすめ:「自動車保険の節約ノウハウのすべてをまとめた」記事があります。 本記事のように、自動車保険の知識を体系的にまとめた記事を用意しています。 自動車保険に関する全体像を把握したい方は、ぜひご覧ください。

次の

「今後に不安が残る…」セゾン自動車火災保険の口コミ評判と特徴まとめ

セゾン 自動車保険 安い

走行距離と事故リスクに影響する要因• 運転者の年齢条件• 使用用途• 自動車を使用する地域条件 もちろんこのリスクは、そのままリスク細分型の保険料にも反映されており、走行距離が少なくても使用用途や年齢条件などは、保険料に大きく影響します。 この他に運転者の限定範囲なども考慮すれば、保険料を安く調整できます。 その他、各種特約も保険会社により自動付帯のものが有るなど、条件が微妙に異なるため、走行距離が少なければ保険料が安くなると一概に決めてかかるのは危険です。 保険料を安くするために、運転する可能性の有る人を運転者限定で外したり、使用目的の申告を誤ったりすると、保険金支払いに重大な影響を及ぼす懸念があるので、契約時に気をつけるようにして下さい。 メディアに流れる広告のように「保険料は走った分だけ」という内容は、保険商品の説明としてかなり不足しています。 実際の保険料算定は、走行距離とその他のリスクを勘案した保険料になっているので、よく比較する必要があります。 徹底比較!保険会社別の走行距離区分の有無と詳細 リスク細分型の走行距離区分を採用する保険会社は、主に ダイレクト損保です。 代理店型自動車保険を提供する、東京海上日動火災保険などの損保では走行距離区分の導入は行われていません。 ダイレクト損保の中でも走行距離区分は、3区分のアクサダイレクトから、7区分のソニー損保まで、それぞれ内容が違っています。 また、SBI損保やセコム損保のように、保険商品をリスク細分型としながらも走行距離区分の導入を行っていないダイレクト型損保もあります。 気になる保険料の前に、ダイレクト損保各社それぞれの走行距離区分について確認してみましょう。 注目は、背景を赤でマークした 走行距離区分なしの自動車保険です。 保険料試算の比較も合わせてご覧下さい。 損保会社10社の走行距離区分の有無と詳細 損保会社 区分 走行距離区分 東京海上日動火災保険 なし なし 4区分 5,000km以下 5,000km超~10,000km以下 10,000km超~15,000km以下 15,000km超 セコム損保 なし なし 7区分 3,000km以下 3,000km超~5,000km以下 5,000km超~7,000km以下 7,000km超~9,000km以下 9,000km超~11,000km以下 11,000km超~16,000km以下 無制限 SBI損保 なし なし 6区分 3,000km以下 3,000km超5,000km以下 5,000km超10,000km以下 10,000km超15,000km以下 15,000km超20,000km以下 20,000km超 5区分 4,000km未満 4,000km以上~8,000km未満 8,000km以上~12,000km未満 12,000km以上~16,000km未満 16,000km以上 4区分 5,000km以下 5,000km超~10,000km以下 10,000km超~15,000km以下 15,000km超 5区分 3,000km以下 3,000km超~5,000km以下 5,000km超~10,000km以下 10,000km超~15,000km以下 15,000km超 3区分 5,000km未満 5,000km以上~10,000km未満 10,000km以上 (年間走行距離区分の有無と詳細は、損保各社の約款と自動車保険のしおりを参考) 主流は4~5区分、区分間の保険料に大きな差が生じない損保も有る 走行距離の距離区分は4区分から5区分が主流になっており、各社間でそれぞれ違いが生じています。 ソニー損保は7区分の設定があるので、走行距離が最も少ないランクと最も多いランクとでは、かなり保険料が違ってきます。 しかし、4区分のおとなの自動車保険や三井ダイレクトでは、それほど大きな保険料差は生じません。 三井ダイレクトが走行距離区分導入へ 1997年、通販型自動車保険の発売から保険料の自由化とリスク細分化がはじまり、年間走行距離区分について、導入が徐々に浸透して来ました。 これまで三井ダイレクトは、走行距離区分を行っていませんでしたが、収入保険料と損害率悪化の影響もあってか、2015年10月より「年間走行距離区分」の導入を行うことが発表になりました。 三井ダイレクトでは以前から、走行距離区分が無いことをCMでアピールしながら、販売してきたので、年間走行距離が多い人にとって期待を裏切られた形になり残念です。 ただいまキャンペーン中• 走行距離が多い人の保険料を各社で比較! 走行距離区分の有無による違いと区分の差による違いを、実際の保険料で比較してみます。 今回は、各社の補償範囲にできるだけ差が出ないように、対人・対物・人身傷害補償のみに絞って算出しました。 運転者限定、自動付帯の割引や特約などは考慮していません。 契約内容と年齢条件、契約車両は以下のとおりです 契約詳細 車名 トヨタ カローラ・フィールダー NZE161G 被保険者の年齢 26歳 ノンフリート等級 14等級 運転免許証のカラー ゴールド 使用目的 通勤・通学 年間走行距離 18,000km 対人賠償 無制限 対物賠償 無制限 人身傷害補償 5,000万円 走行距離区分があるダイレクト損保2社、区分のないダイレクト損保2社、そして代理店型損保の東京海上日動火災の5社に絞って保険料を試算してみました。 保険会社 年間保険料 セコム損保 29,390円 ソニー損保 43,570円 SBI損保 27,540円 イーデザイン損保 41,150円 東京海上日動火災 50,050円 参考資料:損保各社のインターネット見積もりによる試算 このように試算してみると、走行距離が多い人には距離区分の無いダイレクト損保が安いと分かります。 もちろん、車両保険や様々な特約の付帯したときは、保険料に違いが出るので一概に決めることはできません。 代理店型損保の東京海上日動火災保険の試算結果は、走行距離区分の有るダイレクト損保との差額が1万円を切りました。 走行距離の多い人がもし事故発生時の不安を抱えているのであれば、アフターサービスに定評の高い、東京海上日動火災保険も選択肢として検討の余地があります。 こちらは、年齢条件を上げるなど加入条件が変われば保険料が安くなるので、補償の内容を勘案して検討すると良いでしょう。 ダイレクト型損保でもサービスに不足ありませんが、通勤、また、業務使用などで車の利用がとても重要な人は、事故対応力や充実した補償も含めて検討すれば安心です。 走行距離別、自動車保険を選ぶときの注意点 リスク細分型の走行距離区分は、損保各社で差があり商品の違いは明らかです。 以下に走行距離ごとの要点をまとめました。 ポイントを押さえて選びましょう。 年間走行距離が少ない場合 予定走行距離をカバーする走行距離区分で試算して見積もりします。 保険会社により、前年の走行距離を元に決める場合と、これからの1年で走る予想を申告して加入する2種類があります。 走行距離区分のない損保でも日常使用は安くなるので、比較検討したほうが良いでしょう。 年間走行距離が5,000km~10,000km以下で不確定な場合 走行距離が不確定な場合、先ずは毎月最大で乗る距離をイメージして年間走行距離を検討します。 GW、夏休み、SW、冬休みなどの利用がメインで、その他の月はほとんど乗らない場合、多い月の走行距離と利用月数を乗じて、少ない月の走行距離と月数を合わせて算出しましょう。 いずれもギリギリではなく1000km程度の上乗せをしておいた方が安心です。 また、ソニー損保ではいくつかの条件を満たした方に限り、「こえても安心サービス」が適用されます。 その場合、契約走行距離を超えた場合でも連絡や追加保険料の支払いは必要ありません。 なお、ソニー損保以外の損保会社では、契約期間中に申告距離を超える場合、または、超えて事故が起きた場合、速やかに保険会社に連絡を取ることが大切です。 多くのケースでは超過している距離分の差額保険料の追徴を支払うことで解決します。 しかし悪質な虚偽申告が明らかな場合、事故が起きた後では保険金請求の拒否も全く無い話ではありません。 申告する年間走行距離は、できるだけ誤差が生じないように契約しましょう。 年間走行距離が多い場合 通勤・通学などにより走行距離が多い人は、前項の見積もり試算を例に走行距離区分のない損保を中心に見積もりを取って検討しましょう。 今回の試算では、車両保険などを反映していませんので、他の特約などを追加した場合、試算以上の保険料差額が生じます。 もちろん、保険会社の補償内容やカスタマーサービスの実績、評判は無視できない部分ですから、保険料比較だけにとらわれず補償内容なども考慮し、とことん比較して検討することを推奨します。 走行距離は自己申告?オーバーした場合はどうすればいい? 自動車保険を検討している方の中には、「そもそも前年の走行距離ってどうやって求めるの?」「もし契約した走行距離をオーバーしたことを黙っていたら、ペナルティはあるの?」などの疑問をもつ方もいるかもしれません。 まず自動車保険における走行距離は、前年の走行距離を基準にする「実績型」と、次の1年間で走る距離を予想して加入する「予測型」の2種類があります。 上でご紹介した走行距離区分のある自動車保険を、実績型と予測型の2つに分けてみましょう。 自動車保険 走行距離の求め方 超過した場合の契約変更 セゾンおとなの自動車保険 実績型 要 ソニー損保 予測型 要 イーデザイン損保 実績型 不要 そんぽ24 実績型 不要 三井ダイレクト 実績型 不要 チューリッヒ 予測型 要 アクサダイレクト 予測型 要 最近は実績型を採用する保険会社が増えていますが、「ソニー損保」「チューリッヒ」「アクサダイレクト」の3社は予測型となっています。 予測型の場合、これから走る距離を予測して契約走行距離を決めなくてはいけませんので、もちろん途中でオーバーしてしまうことも十分考えられます。 そんな時は、インターネットや電話などですみやかに区分変更の手続きをすればOKです。 ただし上でもご説明したように、ソニー損保で「こえても安心サービス」の対象になっている場合は、変更手続きの必要はありません。 こえても安心サービスは、「前年もソニー損保で契約していること」「前年・継続ともに使用目的が『主に家庭用』であること」「前年と同じ契約走行距離区分で継続していること」の3つの条件を満たした場合に適用されます。 実績型の「前年の走行距離」の調べ方 一方、実績型の自動車保険では前年の走行距離で保険料が決まるため、今年何キロ走ろうと契約変更の手続きは必要ありません。 今年走った分は、次の契約更新をする際に「前年の走行距離」として申告すればOKです。 ただし、中には「前年の走行距離がわからない!」という方もいると思います。 走行距離は、車のインストルメントパネル(運転席正面のパネル)にある「オドメーター」に表示されているのですが、これまでその車が走った総走行距離数はわかるものの、年間の走行距離を表示するしくみはありません。 そこで前年の走行距離を調べる方法としては、以下の3つがあります。 前回の自動車保険契約(更新)の内容を調べる• 車検証を見る• 車の使用目的や使用頻度によって、おおよその数値を出す 前年も走行距離区分のある自動車保険に加入していた場合、その時の契約内容を見れば、当時の走行距離数(オドメーターの値)がわかります。 その数字を、現在のオドメーターに表示されている数字からマイナスすれば、前年の走行距離を出すことが可能です。 また、車検証にも過去2回分の車検時の走行距離数が記載されていますので、年間の走行距離を知る一つの手がかりになるでしょう。 どうしても難しい場合は、自分の車の使い方によって大体のキロ数を出すしかありません。 ほとんど遠出をしないのであれば5,000km以下、日常使いに加えて時々遠出をするなら5,000~10,000km、毎日使用する上に遠出も多いなら10,000~15,000km、頻繁に長距離走行するなら15,000km以上が目安です。 走行距離を少なく申告してもバレないのか? 自動車保険における走行距離は、基本的には自己申告制です。 走行距離区分による保険料の差は、それほど大きいとはいえないため、どの保険会社でもわざわざ社員を出向かせてオドメーターの確認をすることはありません。 「実績型」の保険でも、前年の走行距離をチェックされることはないですし、「予測型」の保険でも、予測した走行距離をオーバーしなかったかどうかの正確な判定が行なわれるわけではなく、更新時にオドメーターの数値を新たに申告するだけで済みます。 そうなると、「走行距離なんて少なめに申告してもバレないのでは?」と思ってしまう方もいるかもしれませんが、確かに何事もなく保険を使わないままでいられるなら、バレる可能性は低いと考えられます。 問題になるのは、いざ事故などが起きて保険料の支払いを受ける時です。 その場合、走行距離の確認が行なわれる可能性があり、申告していた数値とあまりにかけ離れていると保険料の支払いを拒否されてしまうこともあります。 そこまで厳しい対応ではなくても、超過分の差額保険料の支払いは必須となりますので、いざという時のことを考えると虚偽の申告をするのはハイリスクです。 また、新規契約時には必ず車検証の提示が求められるため、車検証に記載されている走行距離はごまかすことができません。 いずれにしても、走行距離を偽るのは約款に違反する行為ですし、万が一事故を起こした際に自分が困ることになる可能性が高いため、絶対にやめておきましょう。 走行距離が毎年多い方は、走行距離無制限の保険のほうが安く上がる可能性もありますので、あらゆる保険を候補に入れた上で比較検討してみることをおすすめします。 年間走行距離が多い人でも損をしない保険を選ぶ! 交通事故の統計や実態を見た場合、走行距離に比例して保険適用の事故が増えているとは限りません。 しかし一般ドライバーの場合、走行距離が多いと走っている時間が長くなり、事故に遭う可能性が高くなることは否めませんし、運転者の年齢や使用用途などにより危険率も変化するでしょう。 加入時に保険商品の諸条件を比較すれば、リスクをしっかりカバーしながら保険料を抑えることも可能です。 各社の走行距離区分の有無と詳細を比べて見ることは、走行距離が多い人にとって重要なプロセスなります。 広告だけを鵜呑みにして保険加入しないように気を付けて、自身の目でしっかり比較検討を行い納得の保険を見つけて下さい。 保険料を安くする簡単な方法!.

次の

保険料満足度ランキング

セゾン 自動車保険 安い

車に乗っているとどうしても必要になる車検代や整備費用、そして各種税金といった「車の維持費」は、あなたの生活費を圧迫していませんか? そして車の維持費の中でも自動車保険の年間保険料は、加入条件によっては20~30万円以上にもなることが珍しくなく、結果的に「生活に必要な車に乗っているだけなのに、本当に多くのお金が必要になる」という状態になっているでしょう。 そのため 負担の大きい自動車保険の年間保険料を、少しでも安くすることがあなたにとっての至上命題といえるのではないでしょうか。 とはいえ自動車保険は様々な保険会社から販売されており、「どこの保険会社で自動車保険に加入すれば保険料が安くなるのか」と悩んでしまいますよね。 そして同時に「どこの保険会社にすればいいのか分からないから、単純に自動車保険の安さを示したランキングがあればどれほど楽になるだろう」と思っているでしょう。 たしかに自動車保険を選ぶ際には年間保険料が非常に重要ではありますが、どこの自動車保険が安いのかを知らない限り、なかなか具体的に行動することができませんよね。 そのため• 自動車保険で、保険料が安いランキングを知りたい• 保険料のランキングは、実際に試算した結果と比較すると正しいのか知りたい• 簡単に最もお得な自動車保険へ加入する方法を教えてほしい と思っていませんか? そこで今回は元自動車保険営業マンとして保険代理店に勤務していた筆者が、自動車保険の保険料が安いランキングや、実際に自動車保険のプロとして保険会社ごとの年間保険料をいくつかのパターンで試算し、比較した結果をご紹介していきましょう。 非常に簡単に説明していきますから内容は分かりやすく、そして読みやすくまとめていますので、ぜひ最後まで気楽に読み進めてくださいね。 読み終わる頃には「ランキングの結果がどの程度信頼できるのか分かった」「実際に最もお得な自動車保険を探す方法は、こうするだけなのか!」ということがよく分かりますよ! なお、保険料も加味した2020年7月現在の自動車保険の総合オススメランキングが知りたい方は下記記事をご確認ください。 【裏技】同じ保証内容なのに保険料が半額に!? 自動車保険料は、保険会社によって差が激しいのをご存知ですか? 実際に筆者は親から紹介された大手保険会社で12万だった保険料が、三井ダイレクトに変えて5万円になりました。 なので、 複数の自動車保険会社から見積もりを取ってください。 と言われても面倒ですよね・・・ そこでオススメなのが「」の自動車保険一括見積りサービスです。 自動車保険一括見積りサービスは、1回ネットで申し込むと、大手を含めた各保険会社からメールでの見積もり結果が瞬時に届く&後日に見積もりのハガキが郵送で届きます。 (営業電話などは一切掛かってきません。 ) これを使えばカンタンに最安値の自動車保険が見つかります。 INDEX• 保険料の安い自動車保険ってどこなの?信頼できるランキングサイトの結果は? 安い保険料の自動車保険を探すことは、あなたの生活にかかるお金をより少なくして、より豊かな生活を送るために重要なことです。 そのためできる限り安い自動車保険を探すことで、しっかりと保険料を抑える必要があるのですが…現実的に考えると「 どこの保険会社から提供されている自動車保険が安いのか分からない」という問題がありますよね。 そのためあなた自身の感覚としては「ある程度信頼できる自動車保険を安い順にしたランキングがあれば良いのに」と思っていることでしょう。 実際のところ、自動車保険の保険料に関するランキングを紹介しているランキングサイトは多くありますが、どのサイトの情報が信頼できるのか分かりませんよね。 そこで本章では、自動車保険の保険料を安い順にランキングとして紹介しているサイトで、信頼できる情報が載せられているものをご紹介していきましょう。 自動車保険の安さを表したランキングサイトって、どこが信用できるの? 早速、比較的信用度の高いランキングサイトについてご紹介していきますが、自動車保険のプロである筆者としては下記の2社が「最も信頼できる」と結論付けています。 この2サイトは自動車保険だけではなく、実はあらゆる商品やサービスの価格や満足度をランキング形式で公開しているサイトなのですが、それぞれ 「実際に利用した方」の口コミや評価を参考に、ランキング化しています。 またそれぞれ大手企業によって運営されているため、目先の利益ではなく「サービスを利用する顧客からの信頼度」を優先して紹介していますから、他のサイトよりも信頼度は高くなるのです。 そのためまずは、「価格. comとオリコンのランキングを見ておくと、ある程度信用することができる」と覚えておきましょう。 また「ある程度」と表現している理由について詳しくは後述しますが、「人や条件によって全く異なる結果が出るため」と簡単に理解してくださいね。 それでは次に、実際に価格. comとオリコンの結果を一覧表にまとめて「一般的に保険料の安い自動車保険ランキング」をご紹介していきましょう。 実際に価格コムとオリコンの結果を一覧表にまとめてみた! 早速ですが価格. comとオリコンで紹介されている自動車保険のランキングについて、安い保険料のランキングでまとめましたので、下記をご覧ください。 保険会社名 保険料ランキング オリコン 価格. その理由は「各ランキングサイトで自動車保険の保険料の算出方法が異なってしまう」というものであり、結果的に順にもばらつきがあることが分かるでしょう。 そのため平均値については記載していますが、ここで一度2サイトの平均順位を並び替えておきますのでご覧ください。 ランキング平均1位…SBI損害保険• ランキング平均2位…セゾン自動車火災保険• ランキング平均4位…チューリッヒ保険• ランキング平均6位…ソニー損害保険• ランキング平均10位…AIU損害保険、富士火災損害保険 並び替えの結果このようになりましたが、あなたは「そうか!この平均で1位になっているSBI損害保険に加入すれば最もお得になるのか!」と思いませんでしたか? しかし一方で「本当にこの結果は信用できるのだろうか…」という不安もありますよね。 そこで次に、自動車保険のプロの感覚として、このランキング平均の結果が正しいものなのかご紹介していきましょう。 一覧表のデータは事実なの?自動車保険のプロの感覚としては正しい? 先に結論を述べておきますが、ご紹介した結果の正しさについては「 一般的には正しい結果である」ということができます。 というのもそれぞれの保険会社名を見ると、「安い」と評判の高い自動車保険を提供している保険会社ばかりであり、中でも上位に位置している保険会社は非常に安い傾向があるからです。 そして今回ご紹介している保険料ランキング平均の保険会社は、 ほとんどが「通販型」と呼ばれる自動車保険を提供しているため、保険料は必然的に安い結果が出ているのです。 実は自動車保険には「代理店型」と「通販型」と呼ばれる2種類があるのですが、それぞれ• 代理店型の自動車保険…保険会社の代理として店舗を構えて営業活動をしており、店舗維持費や人件費という運営コストが高くなるため、保険料も非常に高くなってしまう• 通販型の自動車保険…基本的に店舗を持たず、保険会社がインターネットなどを介して営業活動をしているため、結果的に運営コストが低く保険料も大幅に安くなる という特徴があるといえます。 そのためご紹介したランキング平均の10位である「AIU損害保険」「富士火災損害保険」以外の保険会社が提供している自動車保険は通販型であり、非常に保険料が安くなるといえるのです。 つまり「ランキングはあくまで参考程度の結果であり、通販型の自動車保険の中ではjの受けんによって順位が変動する可能性が高い」ということになります。 とはいえ具体的にどのような結果となるのか、気になりますよね。 そこで次章では実際に筆者が試算したいくつかの保険会社による自動車保険の見積もりを、条件ごとにランク付けしていきましょう。 実際に自動車保険の見積もり結果はランキング通りになっている? 前章までの解説をご覧になって、安い自動車保険のランキングは「通販型の自動車保険が間違いなく上位に来るものの、実は条件によってランキングが異なってしまう」ということが分かったでしょう。 しかし実際にどのような条件で、どのように保険料が変わってしまうのか気になりますよね。 そこで本章では筆者が実際にいくつかの保険会社で試算した保険見積もりの結果を、ランキング化してご紹介していきましょう。 実際に試算した結果をもとにしたランキングを大公開! 早速、筆者が試算した結果のランキングをご紹介していきますが、条件としては「一般的にオススメされる必要十分な補償内容 車両保険有、対人対物補償無制限など 」というものを反映して算出していきます。 また年代を分けることでより正確な安い自動車保険のランキングを出すことができますから、下記のような年代に分けて保険料のランキングをご紹介していきましょう。 20代の保険料ランキング• 30代の保険料ランキング• 40代の保険料ランキング それぞれのランキングついては以下をご覧ください。 20代の保険料ランキング 20代という条件で試算した自動車保険の保険料ランキングは、下記のようになりました。 車種:エクストレイル NT32型• 年間走行距離:1万km• 等級:15等級 事故有0• 免許証の色:ゴールド• 主な使用目的:通勤通学 片道10km圏内• 年齢条件:26歳以上限定• 運転者の範囲:本人・家族限定• 車両保険:一般型かつ各保険会社でオススメされているプラン• その他の補償内容:各保険会社でオススメされているプラン ご覧になると分かるように実は先程ご紹介したランキングの平均と比較すると、「意外とずれた結果になっている」ということになります。 つまり先程から何度も述べているように 加入する条件によっては大きく保険料が異なるといえるのです。 そのため「条件によっては今回の結果のようにずれた結果が生まれる」と覚えておきましょう。 30代の保険料ランキング 30代で試算したそれぞれの自動車保険の保険料ランキングは、下記のようになりました。 車種:エクストレイル NT32型• 年間走行距離:1万km• 等級:15等級 事故有0• 免許証の色:ゴールド• 主な使用目的:通勤通学 片道10km圏内• 年齢条件:30または35歳以上限定• 運転者の範囲:本人・家族限定• 車両保険:一般型かつ各保険会社でオススメされているプラン• その他の補償内容:各保険会社でオススメされているプラン 先程ご紹介した20代の結果とも、そして平均としてご紹介していた自動車保険の保険料ランキングとも、異なる結果であるということが分かるでしょう。 そのため先程から述べているように「加入条件によっては大きく異なる」ということが、現実味を帯びてきましたよね。 とはいえ実際のところ、今回のように「車両保険有」ではない条件などにすると、ここからさらに結果が変化しますので、「条件によってランキングは変わる」という事実だけはよく覚えておきましょう。 40代の保険料ランキング 40代で試算した自動車保険の保険料ランキングは、下記のようになりました。 車種:エクストレイル NT32型• 年間走行距離:1万km• 等級:15等級 事故有0• 免許証の色:ゴールド• 主な使用目的:通勤通学 片道10km圏内• 年齢条件:30歳以上限定• 運転者の範囲:本人・家族限定• 車両保険:一般型かつ各保険会社でオススメされているプラン• その他の補償内容:各保険会社でオススメされているプラン 40代の結果については、お気づきかもしれませんが「30代の結果とほとんど変化していない」ということになります。 その理由については様々なのですが、大きな原因としては「年齢条件等が変わらないため、単純に30代の保険料が少しだけお得になるという結果になった」と思ってください。 とはいえ自動車保険のランキングを安い順に並べて分かったかと思いますが、実際のところ「保険料の差は微々たるもの」である場合が多いのです。 そのためランキングが多少前後することはありますが、基本的には「通販型の自動車保険であればそれほど安い順で考える必要もない」ということになります。 また本章のまとめとして、次に「ランキング通りではない理由」について詳しくご紹介していきましょう。 ランキング通りというわけではない!? 先程から何度も述べているように、実は自動車保険のランキングを安い順に並べたとしても、基本的には「加入条件によって大きく異なる」ということが分かったでしょう。 また加入条件で変化する理由としては、一言で表すと「 保険会社ごとにお得になる条件が異なる」ということになります。 そのため一般的に紹介されている自動車保険のランキングを安い順に並べ替えたとしても、基本的には「試算してみるまで分からない」ということになるのです。 つまり最もお得な自動車保険に加入するためには、今回筆者がしたように「いくつもの保険会社で保険見積もりを作成して、どの保険料が安いのか比較する必要があると覚えておきましょう。 しかし実際のところ、今回自動車保険のプロであり、いくつもの保険見積もりを毎日作成してきた筆者が10社3パターンの保険見積もりを作成するには1時間以上がかかりました。 そのためあなたがこれだけの保険見積もりを作成するには、おそらく2~3時間程度を要することが簡単に予想できます。 つまりいくつもの保険見積もりを作成して比較することは「非常に面倒くさい」ということができるのです。 とはいえ「最もお得になる」ということを諦めることはできませんよね。 そこでオススメなのが「 自動車保険一括見積もり」というサービスなのです。 このサービスを利用することで簡単に、なおかつきちんと最もお得な自動車保険を探し出すことができますよ! 3. 結論、最もお得な自動車保険を探すなら「自動車保険一括見積もり」を利用すべし! 前章までの解説をご覧になると、自動車保険のランキングを安い順に並べたとしても、「それほどアテになるとは限らない」という事実がよく分かったでしょう。 それは事実であり、実際に各保険会社で保険見積もりを作成し、比較するまでは正しい結果は分からないのです。 そのため最もお得な自動車保険に加入したい場合には必ずいくつもの保険見積もりを作成し、そして保険料を安い順に並べて「自分だけのランキング」を把握しておく必要があるといえます。 しかし実際にいくつもの保険見積もりを作成することや比較することに対して「面倒くさいし時間がない」と思ってしまいますよね。 筆者であっても1時間はかかってしまう作業ですから、あなたにとっては心の底からそう思っても仕方ありません。 そこでオススメのサービスが「自動車保険一括見積もり」なのです。 このサービスは簡単に利用でき、そして短時間で最もお得な自動車保険を探し出すことができますから、利用すべきだといえます。 とはいえ自動車保険一括見積もりについては詳しく知りませんよね。 そこで本章では自動車保険一括見積もりというサービスについて、詳しく解説していきましょう。 自動車保険一括見積もりってどんなサービスなの?• あなたが今乗っている車に関する情報 車種や年式、年間走行距離など• あなたが必要としている補償内容に関する情報 車両保険の有無や損害賠償限度額など• あなた自身に関する情報 見積もり提示のためのメールアドレスや氏名など を入力するだけですから、 早い人で2分、遅い人でも5分前後あれば十分に申し込みを完了させることができます。 つまり自動車保険一括見積もりは「最短時間で最もお得な自動車保険を探し出すことができるサービス」ということができるのです。 そこで次に、自動車保険一括見積もりが安心して利用することのできるサービスなのか、説明していきましょう。 安心して利用することはできるの? 先に結論を述べておきますが、自動車保険一括見積もりは「 安心して利用することができる」といえます。 なぜなら当サイトでご紹介している自動車保険一括見積もりは、すべて大手企業が運営しているため「個人情報保護方針」がしっかりと明記されており、あなたの個人情報が不正に使用されることはないからです。 また自動車保険一括見積もりに登録している保険会社についても、あなたが一度は耳にしたことのあるような大手保険会社ばかりですから、やはり個人情報の取り扱いには細心の注意を払っており、結果的にあなたの個人情報が不正に使用される可能性や流出してしまう危険性は皆無に等しいのです。 そのため申し込みの際に個人情報を入力する点については安心してくださいね。 そして申し込み後のしつこい電話勧誘についても一切なく、ハガキ DM やメールによる保険見積もりの提示またはお得なプレゼントキャンペーンなどの案内があるのみですから、実はあなたに迷惑がかかることはないのです。 仮にキャンペーンなどの案内が邪魔だと感じた場合には、簡単に配信の意思依頼をすることができますから、やはり安心できると思っても大丈夫ですよ! 申し込みは本当に簡単ですし、間違いなく最もお得な自動車保険を探し出すことができますから、ぜひ一度お試しくださいね。 必ず満足のいく自動車保険が見つかりますよ! 【2019年最新】自動車保険一括見積もりサイトのオススメ ここまでお読みいただいて、「自動車保険一括見積サービスって結構いいかも」と思っていただけた方が次に気になるのは、じゃあ具体的にどこで一括見積もり取ればいいの?」ではないでしょうか? 正直、自動車保険一括見積サービスは「ただの窓口」に過ぎませんので、どのサービスで見積もりを取ってもあまり損得はありません。 自動車保険一括見積サービスには大小さまざまなサイトが存在していますので、あまりに新しかったり、運営会社がハッキリしないところは避け、 確認項目 インズウェブ 保険スクエアBang! この表を見ても、 上位3サイト(保険の窓口インズウェブ、保険スクエアbang! 、価格. com)は、ほとんどの評価上位の保険会社が加盟していることがおわかりいただけるかと思います。 正直なところ、1~2社ぐらいしか差がなく、上位保険会社はこの3サイトであれば参加しているので、どこを申し込んでも同じです。 そうなると逆に迷ってしまうかもしれませんが、一番歴史があり安心実績の「」を筆者はオススメします。 rentracks. html? 25568. 211394. 263. まとめ 以上で安い自動車保険のランキングに関する解説を終了しますが、ご覧になると「一般的な自動車保険のランキングがそれほどアテにならない」ということや「実際に試算して保険見積もりを比較することは面倒くさいが、確実にお得になる」ということが良く分かったでしょう。 その感覚は決して間違っておらず、実際のところお得な自動車保険を探すことはそれほど難しくありませんから、安心してくださいね。 最後にまとめると、• 自動車保険の保険料を安い順に並べたランキングは、それほどアテにならずあくまで「一般論」である• 実際に自動車保険の保険見積もりを作成して保険料を比較しなければ、「本当のランキング」を知ることはできない• 自動車保険一括見積もりを利用することで、自力でいくつもの保険見積もりを作成せずとも、最もお得な自動車保険を簡単に探し出すことができる ということになります。 特に最後にご紹介した自動車保険一括見積もりに関しては本当に重要で、間違いなく最も簡単に最もお得な自動車保険を探し出すことができるサービスといえますから、ぜひ一度ご利用くださいね。 必ずあなたの予想を超えた保険料が提示され、間違いなく納得のいく保険料で自動車保険に加入することができますよ!.

次の