ユカタン ソーセージ ドッグ。 ユカタンドッグ 由来 ディズニー

東京ディズニーシー5:「ユカタンソーセージドッグ」 : あれも食べたい、これも食べたい!EX

ユカタン ソーセージ ドッグ

こんにちは!ディズニー大好きみーこです。 古代遺跡の発掘現場である、神秘と謎に包まれたロストリバーデルタでは、美味しい「ユカタンソーセージドッグ」を味わうことができます。 発掘に携わった考古学調査チームが乗っていたトラックを改装してつくったお店「エクスペディション・イート」が大繁盛。 このエクスペディション・イートで販売されるようになったのが、パークで人気の食べ歩きフード、ユカタンソーセージドッグなのです。 ボリューム満点のホットドックはお腹を満たしたい時にぴったりのアイテム! 今回は、普通のホットドックとは一味違う「ユカタンソーセージドッグ」について徹底解説! お味や販売場所、混雑状況、自宅で簡単に作れるユカタンソーセージドッグもどきについてご紹介します。 ユカタンソーセージドッグ ユカタンソーセージドッグは、ディズニーシーで販売されている人気の食べ歩きフードのホットドックです。 ガーリック風味でスパイシーな大きめのソーセージを、ボリューム満点のパリパリのフランスパンに包んだ食べ歩きフード。 普通のホットドックと異なる点は、ケチャップなどは付けずにそのまま食べられること。 特に、女性や小さいお子様は一緒に行った方とシェアしても良いかもしれませんよ。 ユカタンソーセージドッグの名前の由来は、メキシコのユカタン半島の「ユカタン」から。 ユカタンソーセージドッグが販売されているエリア一帯が、ユカタン半島をモデルにしていることにちなんで名づけられたそうです。 ユカタンソーセージドッグのお味 ユカタンソーセージドッグに挟んであるソーセージはとても大きく、噛むとパリっと中からジューシーな肉汁があふれだします。 ハーブなどのスパイスやガーリックがきいた濃厚なお味なので、ケチャップやマスタードなど他の調味料は一切いりません。 ソーセージがとてもおいしいと評判で、「ソーセージ単品だけお土産で買いたい!」というゲストも多いそうですよ。 パンはフランスパンのようなイメージで、外はカリカリ中はもちもちの食べごたえある食感。 しっかり味がついたジューシーなソーセージとパンの相性もバッチリです! ソーセージをおつまみ感覚で食べられるので、アルコールにもぴったり。 ユカタンソーセージドッグの販売店ではアルコールの取り扱いがありません。 ドリンクやアルコールの取り扱いはないので、必要な場合は別のレストランで購入する必要があります。 先ほどもご紹介した、エクスペディション・イートから一番近いレストラン「ユカタン・ベースキャンプ・グリル」では、種類豊富なソフトドリンクやアルコールが手に入るります。 必要に応じて利用してみてはいかがでしょうか? エクスペディション・イートの営業時間は、基本的に開園~閉園までとなっています。 ただ、ディズニーシーの奥地にあるワゴンのため、閉園前に終了することが多いです。 時期によって変動はありますが、夜は19時~19時半頃で閉まってしまうこともありますので、絶対に食べたいという方は、早めの購入をおすすめします。 また、座って食べられるテーブル席の用意がないので、お店のそばにある石垣か食べ歩きをお楽しみください。 レストラン概要 ・エリア:ロストリバーデルタ ・レストランタイプ:カウンターサービス ・席数:なし ・予算:~1,000円 ・食事の種類:ソーセージドッグ ・営業時間:開園~閉園 ・特徴:ソーセージドッグ専門店 ・プライオリティ・シーティング:非対象 エクスペディション・イートの背景 エクスペディション・イートの誕生秘話 エクスペディション・イートの背景となる舞台は、1930年代の中央アメリカ。 失われた河(ロストリバー)では、神秘的なジャングルの奥地に秘められた古代遺跡の発掘が行われました。 しかし、謎多き伝説の古代遺跡の発掘に携わっていた考古学調査チームは、突然この地を去ってしまったのです。 彼らが乗り捨てたトラックは現地の人に拾われ、ジャングルで物資の輸送に活用されてきました。 ところが、ある商人が荷台を改装して、古びたトラックで作るスナックが探検家たちから人気を集めたのです! そして、現在のお店「エクスペディション・イート」が誕生に至ったのです。 本物のユカタンソーセージドッグと比べるとパンのかたさやウィンナーの味付けなどは違いますが、ディズニーシーに行けない方でも自宅で簡単に再現できるのでおすすめですよ! まとめ いかがだったでしょうか? ディズニーシーに来たら1度は食べたいユカタンソーセージドッグをご紹介しました。

次の

東京ディズニーシーでおすすめなグルメメニュー6選♡

ユカタン ソーセージ ドッグ

自分のための備忘録とはいえ、 いいかげん、ディズニーシーのネタを終わらせたいのでがんばります。 今回おやつにぜひ食べてみたかったのが、このホットドック。 ほとんど食べ終わりの写真で失礼いたしました。 インディジョーンズの近くにある「エクスペディション・イート」というワゴンで売られているもので、420円でございます。 人気があるようで約15分ほど並んで買い求めました。 ちょうど買い終わったころに、おとさんとじゃんぼ君がインディから帰ってきたので、私は食べずに、インディに乗りに行きまして(ベビースィッチ?ってサービス?) 戻ってきてからいただいたので、ちょっと冷めてしまいました。 それでも、なかなか美味しかったよ~。 ソーセージはほんのりスパイシーで、パンはフランスパンっぽいちょっと噛みごたえのある生地でした。 ソーセージに味がついているとはいえ、マスタードとケチャップをちょっとつけて食べたかったなぁ。 3本購入したのですが、じゃんぼ君はソーセージだけ食べたいということで、おとさんがパンだけ食べていました。 (1本は普通に食べた後) これは、次回に行った時にもぜひ食べたいです。 アツアツで! そうそう、このワゴンで売っていた(他でも売っているかも)フローズンヨーグルトゼリーなるおやつ。 これが、この暑かった日に子供たちに大受けでした。 カチカチに凍っているので、一気に飲むのではなく、溶けた分からちょっとずつちゅーちゅーできるのも良かったようです。 持っているだけでひんやり冷たくて気持ち良いしね。 アイスクリームみたいに、あわてて食べなくてもよいし。 暑い日にはお勧めでございます。

次の

ユカタンドッグを食べよう!エクスペディション・イート解説

ユカタン ソーセージ ドッグ

インディージョーンズのとんでもないスタンバイ行列に並んでいました。 もっと早く進むやろって思っていたが全然進まない。 並び始めて、1時間近く経つし、ここで抜けるのも馬鹿らしい。 朝ご飯も食べずに来たので、ちょっとお腹もすいてきた。 すると、目の前にこちらのお店が現れた。 ガイドブックを見てみると、ホットドッグのお店らしい。 そっちも行列できていたが、こちらの行列よりは早そうだ。 ってなわけで、同行者に買ってきてもらうことにしました。 「エクスペディション・イート」である。 全く進まない行列の中の癒し。 食べ物が口の中に入ると、イライラが収まりますもんね。 ユカタンソーセージドッグ(420円)です。 周りはフランスパンを使用しており、中に長いソーセージが入っています。 っていうより、ソーセージが主役で、フランスパンが脇役ですね。 一口、いただいてみる。 ソーセージにはジューシーさがありませんね。 風味はハーブが効いた感じで美味しいものの、じゅわっと脂を感じたかった。 寒さの中、並んでいるので、熱量がどんどん奪われてましたもん。 フランスパン生地も少しだけなので、味気ない。 ケチャップのような味の濃い調味料が欲しい。 私としてはサルサソースがええな(^^) 今回、シーで食べたいワゴングルメリストに、 私はリストアップしていなかったが、 まあ、それで正解だったなって思いました。 旨さ…………10点 安さ…………12点 店の雰囲気…12点 B級度………12点 印象度……… 8点 総合評価……54点 評価Cランク 住所:千葉県浦安市舞浜1-4 東京ディズニーシー ロストリバーデルタ 電話:045-683-3333.

次の