ロケット 団 ボス 対策。 【ポケモンGO】ロケット団のリーダー対策とバトルする方法

【ポケモンGO】ロケット団ボス「サカキ」対策

ロケット 団 ボス 対策

バトルに勝利するための基本方針 GOロケット団リーダーはかなりの強敵です。 少しでも勝利に近づくためにどのようにポケモンを選出してバトルをすれば良いか、基本的な方針を紹介します。 とにかくシールドを早く使わせる 「GOロケット団リーダー」の使ってくる「シールド」がやっかいです。 これを早めに、 できれば自分よりも早く「シールド」を全部使わせます。 「シールド」は自分も敵もバトルを通じて2回使うことができます。 敵にこれを早く消費させる(ゼロにする)ために、こちらから繰り出す1体目は素早くスペシャルアタックを撃つことができるポケモンを用意します。 そのためには、 ノーマルアタック(わざ1/通常技)はエネルギーが早くたまる技を持ち、スペシャルアタック(わざ2/特別技)は少ないエネルギーで放つことができる技を持つポケモンを選択します。 タイプ耐性と耐久力を優先に選ぶ これは「GOロケット団したっぱ」とのバトルにも通じることですが、 「相手の弱点を突く」よりも「 相手からのダメージをどれだけ抑えることができるか」でポケモンを選出します。 ポケモンは3体までしか出せず、全て倒されると負けです。 負けないバトルをするためには、倒されないことが重要です。 ジムバトルやレイドバトルのように攻撃性能優先の選び方ではなく、 防御・HP種族値も高く、相手の攻撃技のタイプに耐性があるポケモンを選びましょう。 相手パーティを確認する 「GOロケット団リーダー」は2体目と3体目はパターンがあるとはいえ、 どのポケモンを出してくるかわかりません。 場合によってはその出してくるポケモンによってこちらの出す対策ポケモンも変わります。 最初は全滅しても良いと割り切って、相手の出すポケモンを確認することも有効です!。 負けても同じ場所に出現しているリーダーと再戦すれば出してくるポケモンは同じです。 相性の悪いリーダー・ポケモンバトルは避ける 例えば、手持ちポケモンが揃っていなかったり強化できていなかったりなどで「ラプラスを出されたら負ける」「クロバットには勝てる気がしない」という場合もあります。 そんなときは、 そのリーダーと遭遇したり相性の悪いポケモンを出してくると確認できた時点で別のリーダーとのバトルへ移りましょう。 同じリーダーでも別の場所へ行くと2体目・3体目は異なるポケモンを出してきます。 (偶然同じとなる場合もあります) まずは自分が勝てるリーダー/パターンを見つけて勝利し、ポケモンを育成して少しずつ勝てるパターンを増やしながら楽しんでいきましょうー• カイロス対策• オムスター・ラグラージ・ガラガラ・バンギラス対策• エレキブル対策• ドダイトス対策 最初の「カイロス」がシールドを使ってくることもありやっかいですが、 撃ってくるノーマルアタック(通常技)の「かくとう」「むし」タイプに2重耐性があり、「ひこう」タイプ技で弱点を突くことができる 「クロバット」「トゲキッス」がおすすめです。 2体目以降に出てくる「オムスター・ガラガラ・バンギラス・ラグラージ」は「くさ」タイプが共通の弱点です。 「くさ」タイプポケモンを1〜2体揃えて挑みましょう。 「くさ」タイプポケモンは 耐久面を考えると 「モジャンボ」が優秀ですが、「リーフブレード」や「ハードプラント」を覚えたポケモンでも活躍できます。 2体目に「エレキブル」が出てきたときは、 「でんき」タイプにめっぽう強く覚える技が優秀な 「フライゴン」あるいは「 」「 」(技構成はマッドショット/じしん)でも OK です。 そして 「ドダイトス」は2重弱点となる「こおり」タイプの 「マンムー」や「 」でやられる前に気に攻めましょう。 勝てるパターン・ポケモンを見つける GOロケット団リーダーは2体目・3体目はどのポケモンを出してくるかバトルを開始するまでわかりません。 もし「このポケモンには勝てない」というような場合は、 別の場所のリーダーを探して別ポケモン・パターンでバトルをするのもアリです。 (偶然同じポケモンとなることもあり) 「クリフ」に対して 手持ちポケモンや強化できるポケモンから、勝てるパターンを見つける対策を以下ページにまとめています。 入手できるシャドウポケモン• ナッシー・サメハダー・ダーテング・フーディン対策• ラプラス(・サメハダー)対策• ヘルガー対策 1体目の「ダンバル」は弱いです。 攻撃力もありません。 敵の2体目の対策として出す予定のポケモンを「ダンバル」から出して「シールド」を消費させながら、最後はスペシャルアタックのゲージをためた状態で倒す展開が理想です。 「ナッシー・サメハダー・ダーテング・フーディン」は「むし」タイプポケモンで攻めます。 「ハッサム」がタイプ耐性があり覚える技構成も非常に優秀なためおすすめです。 同じ技構成となる 「カイロス」も活躍できます。 後続のポケモンによっては連戦で倒すことができます。 「ラプラス」が非常に強いです。 素早く撃つことができ威力も高い「ワイルドボルト」を覚え、耐久力もある 「ジバコイル」または 「ライコウ」で一気に攻めることがおすすめです。 「サメハダー」は「むし」あるいは「でんき」タイプポケモンで攻めることが有効です。 ただし、 「サメハダー」のノーマルアタックは非常に強力なため、スペシャルアタックのゲージをためた状態でバトルを開始するようにするなど相手に攻撃するタイミングをできるだけ与えず一気に攻めましょう。 「ヘルガー」はノーマルアタックが 強力な「ほのおのキバ」だったことを考えて「みず」タイプポケモンを出します。 「ラグラージ」あるいは 「カイオーガ」がおすすめです。 勝てるパターン・ポケモンを見つける 「シエラ」も「ラプラスには勝てない」というような場合は、 別の場所のリーダーを探して別ポケモン・パターンでバトルをするのもアリです。 (偶然同じポケモンとなることもあり) 「シエラ」に対して 手持ちポケモンや強化できるポケモンから、勝てるパターンを見つける対策を以下ページにまとめています。 入手できるシャドウポケモン• クチート対策• リザードン対策• カメックス対策• ハガネール・ハッサム対策• カイリュー・ボーマンダ対策 「クチート」は使ってくるノーマルアタックによっては非常に強敵になります。 強力なキバ系と「かみつく」に タイプ耐性があり弱点を突くことができる 「バシャーモ」「ゴウカザル」がおすすめです。 「クチート」に1体で勝利することが難しい場合は後ろに優秀技を持つ「ラグラージ」あたりを入れて2体の体制で勝利し次のバトルへつなげていきましょう。 「リザードン」には 「ラグラージ」、「カメックス」には 「モジャンボ」または 「ジュカイン」と弱点を突くことがで素早くスペシャルアタックを撃つことができるポケモンで攻めます。 「カメックス」も技が「かみつく」の場合はなかなか手強いです。 「ハガネール」と「ハッサム」には 「バシャーモ」など弱点となる「ほのお」タイプで攻めます。 「ハガネール」は耐久力ありですが攻撃性能がそれほど高くないため落ち着いて攻めましょう。 「カイリュー」と「ボーマンダ」は2重弱点となる「こおり」タイプポケモンで一気に攻めます。 技構成が優秀であ る 「マンムー」がおすすめです。 勝てるパターン・ポケモンを見つける 「アルロ」についても 手持ちポケモンや強化できるポケモンから、勝てるパターンを見つける対策を以下ページにまとめています。 入手できるシャドウポケモン.

次の

【ポケモンGO】サカキを倒せ!スペシャルリサーチ「隠された真相をあぶり出せ!」の全タスクまとめ

ロケット 団 ボス 対策

ロケット団のしたっぱと6回戦うこと自体がまずハードルになります。 3回くらいでレーダーが完成するくらいじゃないと、皆やらなくなるでしょうね…。 これだけの労力を使っても、 得られる報酬のほとんどが回復アイテムのみ、だなんてやる価値がないと思いませんか? 少なくとも、無理して勝とうとする程の価値はないと思います。 回復アイテムの消費が多い ロケット団のしたっぱであれば、手持ちがそれほど揃っていなくても勝てます。 しかし、回復アイテムの消費は多くなってしまいますよね。 回復アイテムを優先的に使うべき要素• レイドバトル• ジムバトル 回復アイテムに余裕がないなら、上記2つのバトル要素に使うべき。 レイドバトル:狙いのポケモンゲットのチャンス• ジムバトル:ポケコインの入手源 ロケット幹部の報酬がランダムであることに対して、レイドバトルやジムバトルは 目的通りの報酬が得られます。 回復アイテムを大量に消費して、得られる報酬が回復アイテムのみだった時には目も当てられません。 どうしてもイッシュのいしが欲しい!という状況でもなければ、無理してロケット団幹部に挑戦する価値はないと言えるでしょう。 まとめ:ロケット団幹部の報酬が労力と見合わないので、初心者は無理して倒さなくて良い ロケット幹部幹部の対策 ここまでの内容を踏まえた上で「でもやっぱり勝ちたい」という初心者の為に、もう少し深掘りをして ロケット団幹部の対策についても解説しておきましょう。 3人のロケット団幹部と固定ポケモン• アルロ:ストライク• シエラ:ニューラ• クリフ:ニャース シエラとクリフは幹部としては難易度低め。 厄介なのはアルロ。 ギャラドスかクロバットの場合、最初のストライク対策のポケモンをそのまま続投させられます。 ジバコイルの場合は「 ほのお技」で攻めてもいいのですが、耐久の高いほのおタイプがなかなか居ないので個人的には「 じめん技」を推奨します。 例を出すと「 グラードン」や「 ドサイドン」をじめん技で統一させて使うのが良いでしょう。 アルロの3匹目ポケモン• リザードン:いわorでんき• カイリュー:こおりorいわorでんき• ハッサム:ほのおorじめん 上記からランダム。 攻めるべきタイプは右側に示した通り。 アルロの使ってくるポケモンを1〜3順目まで考えると 「でんき」「いわ」「じめん」というパーティで構成すれば、ほとんどの場合に対応できそうですね。 様子見でのおすすめパーティ• ライコウ• 岩岩バンギ• 地面統一ドサイドン とりあえず上記のパーティである程度は対応できるはず。 では、同様に他の幹部対策も見ていきましょう。 シエラの対策 シエラの1体目はニューラ。 「カウンター」「ばくれつパンチ」のカイリキーがおすすめ。 上記のパーティである程度は対応できるはずです。 クリフの対策 クリフの1匹目はニャース。 シエラの時と同様にカイリキーで攻めましょう。 というかクリフの場合、相手パーティによってはカイリキー3体のパーティで勝てることもあります。 クリフの2匹目ポケモン• サンドパン:かくとう• カビゴン:かくとう• フライゴン:こおり フライゴン以外はカイリキー続投で問題なし。 ただ、カビゴンは耐久が高いのでカイリキー1匹だけでは落とせない可能性もあるので、2匹目のカイリキーを用意した方がいいかもしれません。 フライゴンに対してはこおりタイプを用意しておけばOK。 3匹目がドダイトスだった場合にも対応できます。 例をあげると 「マンムー」や「グレイシア」がおすすめ。 クリフの3匹目ポケモン• バンギラス:かくとう• ドダイトス:こおり• ゴウカザル:エスパー.

次の

【ポケモンGO】ロケットリーダー「アルロ」対策

ロケット 団 ボス 対策

「ストーンエッジ」は消費エネルギーが多いのでシールド破壊には向かないが、EPTの高い「ロックオン」で 短いスパンで連発可能だ。 ドラゴン技はペルシアンに等倍相性だが、DPTが高い「りゅうのいぶき」でゴリ押ししつつ、省エネの「ドラゴンクロー」で シールド破壊も余裕で、2番手がガブリアスの場合はそのまま投入できる。 W耐性とはいえ、技の性能が良くないのでギリギリの戦いになることもあるだろうが、シールド破壊とペルシアン撃破の役割は遂行可能。 悪やフェアリーには耐性を持つが、フェアリーが弱点となるので、こちらも シールドを温存せずに使って良いだろう。 耐久性は若干劣るが、省エネのスペシャル技「ブレイズキック」によりシールド破壊はしやすい。 ただし、 地面技が弱点になるので2番手にまで出張るのは難しくなってる。 バシャーモと同じく地面技が弱点ではあるが、攻撃力が上がった状態であれば、 被弾を最小限に抑えながら突破するポテンシャルを持つ。 「れいとうパンチ」を解放しておけば2番手のカバルドン対策にも。 レガシー技の「ハイドロカノン」を覚えていない場合は、次戦のライコウ戦にも使える「じしん」でも良いが、ゲージ技の発動による硬直頻度が下がるので安定性も下がる。 単純に高い種族値の伝説ポケモンなので、ゴリ押すことができるだろう。 「ゆきなだれ」はカバルドンに効果抜群なので、ハガネールでなかった場合も様子見や、そのまま勝ちにいくこともできる。 グラードンと同じく高種族値なので、等倍相性の通常技であっても受けながらゴリ押し可。 「ソーラービーム」が一発でも当たればほぼ勝ち確定なので、ペルシアンでシールドを使わせておこう。 地面技にも耐性があるので、ドダイトスが「どろかけ」を使ってきても問題ない。 ゲージ技の使用スパンは長く、通常技は効果抜群ではないが、それだけでも十分エンテイのHPを削れる。 最大CPが3000にも満たないため、育成不足の場合は他のポケモンで少しでもエンテイのHPを削っておきたい。 攻撃力ダウンは4回で下限に達するので、それ以降は余裕があれば少し威力が高い「みずのはどう」がおすすめ。 ラグラージを投入する前に他のポケモンでHPを減らしておかないと、シールドが残っていても厳しい面があるため、交代硬直も狙うのがおすすめ。 「でんきショック」のEPSが高いので硬直を狙いやすい。 「りゅうのいぶき」は相性等倍であるものの、与ダメージ効率がとても高い技。 シールドがないと厳しい戦いになるのは他と同様だが、あれば安定して勝つこともできる。 通常技は効果抜群タイプではないものの、省エネの草技「リーフブレード」がささる。 サカキのライコウ対策 サカキの場合も他のリーダー対策の例にもれず、1番手のペルシアンでシールドを使わせるのがセオリー。 なお、ここではギラティナをパーティーにいれていますが、ペルシアンが「だましうち」型の場合はシールドを使わせるのもままならないので、その場合は カイリキーやルカリオなどで入り直しましょう。 キングラーへは素早くゲージ技を使用でき、硬直を狙いやすいジュカインがおすすめ。 キングラーは危なげなく攻略できるものの、続くエンテイには相性不利。 そのまま瀕死になるまで戦うのではなく、 交代して硬直を狙うと良いでしょう。 最後のエンテイは高火力高耐久なため、弱点を狙うのはもちろん、炎技に耐性を持つポケモンで必ず戦いましょう。

次の