させていただきたく。。 「させていただく」という敬語の正しい使い方

「させていただきたく存じます」の意味と使い方!言い換え表現も紹介

させていただきたく。

「参考にさせていただきます」という表現は、ビジネスシーンにおいてよく使われる言葉です。 この「参考にさせていただきます」とは、「参考」(「他人の言動やそれに関するものごとを取り上げ自分の足しにする」という意味)という言葉と「させていただく」という二つの言葉に「ます」という丁寧語が組み合わされてできています。 「させていただく」とは、「する」の使役形の「させる」と「してもらう」を謙譲表現にした「~していただく」から成り立っています。 そのため「参考にさせていただきます」は「参考にする」よりも謙譲表現が入っており、丁寧な言い方といえます。 しかし、「参考にさせていただきます」という言葉は、目上の人に使うとかえって失礼にあたる場合があります。 上から なぜ「参考にさせていただきます」という言葉が目上の人に使うと失礼にあたるのかですが、それは「参考」という言葉の意味にあります。 「参考」とは、相手の言動やそれに関する物事について自分の良い方に取り入れるか考えることです。 せっかく、目上の人が自分のために何かしらの言動をしたにもかかわらず、実際には取り入れるかどうかもわからないという曖昧な態度をとったと捉えられる可能性があります。 何かアドバイスをした目下の者から「参考にさせていただきます」と答えられると、聞き流されたと判断する方も多いです。 また、「参考にさせていただきます」と目上の人に言うこと自体が上からの物言いと受け取られる可能性があります。 自分より立場が上の人に対して「参考にさせていただきます」という言葉はなるべく使わないようにしましょう。 「参考にさせていただきます」の例文 相手に何らかの依頼をする場合に、参考にしたいということを理由にすると相手も納得できる文になります。 以下が依頼をする場合の「参考にさせていただきます」を使った例文です。 (例文)「現在、職場の効率アップを図るためにアンケートを実施しています。 皆様のご意見を参考にさせていただきますので、アンケートにご協力お願いします。 」 「参考にさせていただきます」の例文:お断り なんらかのことに断りを入れる場合にも「参考にさせていただきます」は使用します。 以下に「参考にさせていただきます」を使った断りの文例をご紹介します。 (例文)「これまで、送付していただいた資料は参考にさせていただきました。 今後はメールにて送付いただきますので、資料の送付を停止いたします。 いままでありがとうございました。 」 「参考にさせていただきます」という表現でメールや手紙をもらった場合に、どういった返信をすれば良いのでしょうか。 ここでは「参考にさせていただきます」への返信の仕方についてみていきます。 まず「参考にさせていただきます」という言葉をもらった場合には、自分が相手に何らかの参考となることを教えたり、示したことが前提となるでしょう。 そして、そのことに対して「参考」とすることを言われたのですから、以下のように返答します。 ・「お役に立てて光栄です。 また、何かありましたがお問合せください。 」 ・「わたしでお役に立てるのでしたら、いつでも言ってください。 すぐに駆けつけます。 」 「参考にさせていただきます」というフレーズは、いろいろな場面で使われる言葉ですので、そのままの意味で受け取る場合もあれば、断りの文章で使われる場合もあります。 それぞれの文章に合った返信を行うようにしましょう。 「参考にさせていただきます」の敬語での使い方 「参考にさせていただきます」を敬語で表現するとどのようになるのでしょうか。 まず、「参考にさせていただきます」という表現自体が「させていただく」という言葉があるように謙譲表現で、すでに敬語表現となっています。 そのため、この表現でもビジネスシーンにおいて十分使うことができます。 また、他の敬語表現では「参考にいたします」という言い方もできます。 ただし、前述にもありますように目上の人に使うと失礼にあたる場合があるため、使う場面や前後の文など、よく考えて使用するようにしましょう。 丁寧語 「参考にさせていただきます」という表現には、「参考」と「させていただく」と「ます」が組み合わされてできています。 「させていただく」は謙譲表現ですが、「ます」は丁寧語です。 そのため二重敬語とはなっていません。 相手別「参考にさせていただきます」の使い方 「参考にさせていただきます」という表現は、使用する場面によって相手に失礼になることもあれば、特に問題ない場合もあります。 そのため、ここでは相手別の「参考にさせていただきます」の使い方をご紹介します。 目上 いかがでしたか。 「参考にさせていただきます」という表現は、ビジネスシーンにおいてよく使われる表現ですが、使い方によっては相手に不快なおもいをさせてしまう表現だということを覚えておきましょう。 しかし、「参考にさせていただきます」という表現は前後の文章によって柔らかい表現となったり、相手に失礼のない文章となるということもわかっていただけたでしょう。 「参考にさせていただきます」は、断りの文章や依頼の文章、感謝の気持ちを伝える文章などいろいろな文章において使用できる表現です。 意味や使い方、注意点をしっかりと覚えて、「参考にさせていただきます」を活用しましょう。 ドライバーの転職先はドライバーワークスへ! トラック業界は人手不足が深刻で 初心者の方でも応募できる案件が非常に多いです。 トラックドライバーの業務内容は、初心者の方だと不明確な点があると思います。 業務内容がわからなくても、免許や資格や経験を問わないのはもちろん、 大型免許取得費用の補助から引っ越し代の補助までしてくれる会社も存在します。 未経験でも年収が 500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう! 豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!.

次の

「いただきたく存じます」は二重敬語?正しく意味と使い方、類語を紹介

させていただきたく。

「いただきたく」の意味 「いただきたく」という言葉は、社会人として働いていた転職者の方だけでなく、これから就活に挑む方でも、恐らく一度は使用したことがあるのではないでしょうか。 実は社内メールでも頻繁に使用されており、定型文のようにつかわれます。 言葉としては「していただきたい」ということから、だれかに「~してもらいたい」という敬語に当たるのが分かります。 「~してもらいたいです」というのを敬語として扱っている場合もありますが、「もらう」の謙譲語が「いただく」になります。 謙譲語とは、自身が相手に対して敬意を表し、相手を立てて自分をへりくだることを指します。 「いただきたく」の英語表現「していただきたい」と同じ用途になりますので、英語では【I would like you to do~】という表記になります。 しかし、この表現では強い印象を与えることとなり、同僚に対してならまだしも、取引先相手には失礼にあたることがあります。 そこで、「もしも~していただけたらありがたい」というニュアンスを入れた「grateful」を用いておきます。 使い方 「その期日ですと、木曜日までの連絡とさせていただくことになりますが、よろしかったでしょうか」 先方の意見にこちらが反する場合にも使えます。 「いただきたく」の間違った使い方 「いただきたく」はしてもらうの謙譲語に当たりますので、よく「させていただく」と混同して使われることがあります。 こちらの都合で話が終わる場合、失礼にあたることもあります。 例えば、何かの資料を持って帰る場合、「では、こちらで検討させていただきたく存じます」という表現をするとします。 こちらの都合であるにもかかわらず、へりくだり過ぎが逆に失礼に受け取られることもあります。 ここはそのまま「では検討してまいります」などと伝えるのがベストでしょう。 ただし、明らかに先方の都合を断るような恰好になった場合はこの限りではありません。 当日に結果が出ず、資料を持って再検討するのが妥当な場合は、「では一度こちらで検討させていただいてもよろしいでしょうか」と伝えるのがいいでしょう。

次の

敬語の3大間違い。「させていただく」「よろしかったでしょうか」「おっしゃられる」|OTONA SALONE[オトナサローネ]

させていただきたく。

謙譲の表現というと「させていただく」を思い浮かべる人は少なくないと思うが、使いこなすことが相当難しい表現である。 それでは「させていただく」について解説していこう。 単なる「する」の謙譲語ではない 「させていただく」には大きく分けて2つの用法がある。 厄介なことに、その2つは相反する性質を持っている。 1つ目は「厚かましくて申し訳ないと思いつつ、私は~する。 ありがたいことに、それをあなたが許可してくれたから」という気持ちで用いるものだ。 まだ許可が下りていない行為について述べるときには「させていただけますか」という願望や問いかけの形になる。 もう1つは、相手の意向など全く考慮せずに「私は~する」と一方的に宣言するものである。 言葉づかいは丁寧でも自分勝手なことをするわけだから、表現と行為のギャップが大きい。 このように「させていただく」は単なる「する」の謙譲語ではない。 謙虚な表現だと思い込んで「させていただく」を多用すると、本人の意志と裏腹に、失礼な人という烙印を押されかねない。 GOOD!な使い方 「早退させていただけないでしょうか」 まず「させていただく」が動詞「する」の使役形「させる」と、「~てもらう」の謙譲語「~ていただく」からなっていることに注目したい。 使役形には、本人がしたがっていることをしてもよいと認める使い方がある。 「~てもらう」はその人から受けた恩恵への感謝のこめられた表現だ。 その人物が目上の存在であれば「~ていただく」となる。 したがって「させていただく」を用いる際には、「人が何かをすることに許可を出す誰か」と「することを許してもらう誰か」がいなければならない。 「頭痛がひどいので、申し訳ありませんが、今日は早退させていただけますでしょうか」 これは意味からいうと許可と恩恵、文法的に見れば使役と謙譲という、まさに正統派の「させていただく」である。 これが1つ目の用法だ。 慇懃無礼な言い回し 「会社を辞めさせていただきます」 もう1つの「させていただく」は、相手に失礼であることを十分に承知しながらあえて用いる。 意図的な慇懃無礼である。 「会社を辞めさせていただきます」 この意味は「こんなとこやめてやる!」と同じだが、そんな捨て台詞を吐くのではなく、わざわざ謙譲表現「させていただく」を使うのである。 これは、低姿勢な言い方でありながら、決定事項を一方的に通告している。 相手を不愉快にさせるために用いているのだ。 敬語は相手を苛立たせもするし、怖がらせもする。 「やめさせていただきます」と相手の了解を得ることなく申し渡すのは、「させていただく」の本来の姿ではないのだ。 2つ目の用法、すなわち、失礼な相手に対して、それを上回る「失礼のお返し」をしようとわざと必要以上の敬語を用いるのが、戦略として行う慇懃無礼である。 (寄付金を募っている団体に宛てて)「少額ですが送金させていただきました」 (新入社員の自己紹介)「この春、A大学を卒業させていただきました」 (若い女性タレントのブログ)「このたび入籍させていただくこととなりました」 相手の許可も依頼も恩恵も受けていないような場合に「させていただく」は使えない。 自分の行為を丁寧に述べたい場合、相手を立てる低姿勢な言い方にしたい場合は、「いたす」を使えばよい。 「する」の謙譲語「いたす」はそのために存在する。 「送金いたしました」「卒業いたしました」「入籍いたしました」で丁寧な気持ちを伝えることができる。 場合によっては単に丁寧語で「しました」でも構わない。 無理に「させていただく」を使うことはない。 「締切は10月末とさせていただきます」 決定事項の伝達には失礼 自分で決めたことを低姿勢に述べるつもりで「させていただく」を連発するのも考えものである。 「締切は10月末とさせていただきます」「著者校正は2回とさせていただきます」 これはある企画会議における出版社の人の言葉だそうだ。 「~です」のへりくだった形が「~とさせていただきます」だと勘違いしている人は少なくないが、自分が決めたことを相手に伝達するとき、または相手の了承を得たいと願うときに「させていただく」を使うと、慇懃無礼になってしまう恐れがある。 「させていただく」を一度も使わなくても言いたいことを伝えることができる。 「締切は10月末です」または「10月末までに原稿をお送りいただけますか」「校正は2回までにしてくださるようお願いいたします」 敬意は全く失われず、むしろ「させていただく」よりもはるかに謙虚な言い方になる。 「させていただく」に自己規制を書けると、言い回しを工夫するよい訓練になる。 『』 コンテンツ提供元:光文社.

次の