あい みょん 恋 を した から 歌詞。 あいみょん「恋をしたから」Studio Recording Scene

恋愛写真 大塚愛 歌詞情報

あい みょん 恋 を した から 歌詞

ひいらぎの解釈 いつまでもあなたと居られるなんてことは当たり前なんかじゃなくて いつか一緒にいられなくなることもわかっている。 でも、それでも、あなたに出会えて一緒に過ごせたこと運命だと思っていたよ。 ここまでくればこの曲は破局間際に「私」が「あなた」に訴える歌と言えそうですね。 ここでは、「あなたと居られることが当たり前だとは思っていない。 その上であなたと一緒に居られたことを運命だと思っていた」と、いうことで、当たり前なんて思っていないと認めた上で、あなたと一緒に居られたことがとっても嬉しかったという謙虚な想いをあなたに伝えていますね。 「いつか失うこともあるわけで」と歌っていることから「私」はいつか別れが来ることを覚悟して居たのでしょうか。 さらに言えば私は貴方を 貴方が思う以上に大好きで 好きで 好きで 好きで 今 とても 辛いのです ひいらぎの解釈 もっともっと私の想いを言えば、 私はあなたのことがあなたが思っている以上に大好きで大好きで大好きで。。。 あなたと破局してもう会えなくなることがとてもとても辛いのです。 この部分では、あなたを引き止めたい一心であなたに訴えていた「私」が少し暴走してしまっている様子を描いています。 少しメンヘラが混じっているようなきがしますね。 ただ、この気持ちがわかる方もいるのではないでしょうか。 そして、最後の部分で「とても辛いのです」という歌詞があります。 ここから、主人公の心の中がマイナスの方向に向かっていきます。 恋をしたから 空が寂しく思えた 恋をしたから 明日が少し怖かった 恋をしたから 恋をしたから ひいらぎの解釈 あなたに恋をしたから、覚めないでほしい愛おしい夢も見れたわ。 一人で歩いてきた人生だったけれど、そこにあなたを求めた。 寂しさも苦しさも恋しさも愛しさも全てあなたがいたから感じられたんだよ。 先ほどとは一転、あなたの大切さに気づいたと歌っていますね。 「1人歩く影」という部分。 この部分は一人で歩いてきた人生の比喩表現だと思います。 そしてその人生にあなたを求めたからこそ、一人寂しい人生に寂しさや苦しさや恋しさ、愛しさという感情を感じることができたのでしょうね。 恋をしたから 恋をしたから 忘れられないものなどなくて 譲りきれない思い出ばかりで 当たり前なんてものはなくて いつか失うこともあるわけで ひいらぎの解釈 あなたに恋をしたから(私の人生が色づいた)。 あなたに恋をしたから。。。 どうしても忘れられないような苦い思い出なんてなくて、ただただ、どうしても忘れたくない愛おしい思い出があるんだ。 いつまでもあなたと居られるなんてことは当たり前なんかじゃなかったんだ。 ラストの歌詞になります。 この曲のラストが、「当たり前なんてものはなくて いつか失うこともあるわけで」という一節で終わることで、「私」と「あなた」は破局してしまったと想像できますね。 私たちが当たり前だと思っていることは、実は当たり前ではありません。 例えば、学生の方だったら当たり前のように学校に通えていること。 社会人のかただったら当たり前のようにいきていられること。 他にもいっぱいありますが、その当たり前だと思っていることは当たり前であるうちに感謝し、愛することが大切なのかもしれませんね。 La fin...

次の

AI Story 歌詞

あい みょん 恋 を した から 歌詞

満月の夜なら 02. マリーゴールド Google アプリ CMソング 03. ら、のはなし 映画『あした世界が終わるとしても』挿入歌 04. 二人だけの国 05. プレゼント フジテレビ系『めざましどようび』テーマソング 06. ひかりもの 07. 恋をしたから 08. 夢追いベンガル 09. 今夜このまま 日本テレビ系水曜ドラマ『獣になれない私たち』主題歌 10. あした世界が終わるとしても 映画『あした世界が終わるとしても』主題歌 11. GOOD NIGHT BABY 12. more info.. 公式HP あいみょんの最新情報はLINEにて配信中! [その他]>[友だち追加]>[ID検索]で『 aimyon』を入力・検索して追加 あいみょんTwitter( aimyonGtter) あいみょんInstagram あいみょんOFFICIAL BLOG あいみょんWEAR.

次の

恋愛写真 大塚愛 歌詞情報

あい みょん 恋 を した から 歌詞

ひいらぎの解釈 いつまでもあなたと居られるなんてことは当たり前なんかじゃなくて いつか一緒にいられなくなることもわかっている。 でも、それでも、あなたに出会えて一緒に過ごせたこと運命だと思っていたよ。 ここまでくればこの曲は破局間際に「私」が「あなた」に訴える歌と言えそうですね。 ここでは、「あなたと居られることが当たり前だとは思っていない。 その上であなたと一緒に居られたことを運命だと思っていた」と、いうことで、当たり前なんて思っていないと認めた上で、あなたと一緒に居られたことがとっても嬉しかったという謙虚な想いをあなたに伝えていますね。 「いつか失うこともあるわけで」と歌っていることから「私」はいつか別れが来ることを覚悟して居たのでしょうか。 さらに言えば私は貴方を 貴方が思う以上に大好きで 好きで 好きで 好きで 今 とても 辛いのです ひいらぎの解釈 もっともっと私の想いを言えば、 私はあなたのことがあなたが思っている以上に大好きで大好きで大好きで。。。 あなたと破局してもう会えなくなることがとてもとても辛いのです。 この部分では、あなたを引き止めたい一心であなたに訴えていた「私」が少し暴走してしまっている様子を描いています。 少しメンヘラが混じっているようなきがしますね。 ただ、この気持ちがわかる方もいるのではないでしょうか。 そして、最後の部分で「とても辛いのです」という歌詞があります。 ここから、主人公の心の中がマイナスの方向に向かっていきます。 恋をしたから 空が寂しく思えた 恋をしたから 明日が少し怖かった 恋をしたから 恋をしたから ひいらぎの解釈 あなたに恋をしたから、覚めないでほしい愛おしい夢も見れたわ。 一人で歩いてきた人生だったけれど、そこにあなたを求めた。 寂しさも苦しさも恋しさも愛しさも全てあなたがいたから感じられたんだよ。 先ほどとは一転、あなたの大切さに気づいたと歌っていますね。 「1人歩く影」という部分。 この部分は一人で歩いてきた人生の比喩表現だと思います。 そしてその人生にあなたを求めたからこそ、一人寂しい人生に寂しさや苦しさや恋しさ、愛しさという感情を感じることができたのでしょうね。 恋をしたから 恋をしたから 忘れられないものなどなくて 譲りきれない思い出ばかりで 当たり前なんてものはなくて いつか失うこともあるわけで ひいらぎの解釈 あなたに恋をしたから(私の人生が色づいた)。 あなたに恋をしたから。。。 どうしても忘れられないような苦い思い出なんてなくて、ただただ、どうしても忘れたくない愛おしい思い出があるんだ。 いつまでもあなたと居られるなんてことは当たり前なんかじゃなかったんだ。 ラストの歌詞になります。 この曲のラストが、「当たり前なんてものはなくて いつか失うこともあるわけで」という一節で終わることで、「私」と「あなた」は破局してしまったと想像できますね。 私たちが当たり前だと思っていることは、実は当たり前ではありません。 例えば、学生の方だったら当たり前のように学校に通えていること。 社会人のかただったら当たり前のようにいきていられること。 他にもいっぱいありますが、その当たり前だと思っていることは当たり前であるうちに感謝し、愛することが大切なのかもしれませんね。 La fin...

次の